2016月4月某日
最近、CMなどで色々と話題になっているユニーバサルスタジオ(以下USJ)。
15周年ということで行ってみたくなった。
さっそく行ってみようと思ったが、場所は大阪。
さすがに神奈川住みの私にとっては気軽にいけるものではない。
じっくり楽しむには1泊しないとダメだ。
なので、前泊旅行に決定。 
IMG_2649
さっそく、USJのチケットとホテル&交通手段をANAの旅作で探すことに。
ホテルは江坂にある東急REIホテルに決定。 
交通手段は飛行機。
USJのチケットはネットで予約できて便利だった。
USJは入場パスポートとエクスプレスパスの2種類が必要。
エクスプレスパスはアトラクションに優先的に入れるパス。
ただ、エクスプレスパスが購入できる日にちがなかなかなく、6月になってしまった。
さすが、15周年イベント開催中だけある。
まぁパスを確保できたし、飛行機とホテルもOK。
あとは当日待つのみである。

2016年6月11日
前泊するために、羽田を出発して伊丹空港へ。
伊丹空港は初めてきたけど、いわゆる普通の地方空港って感じ。
でも、結構綺麗だった。
江坂へ移動するため、モノレールへ。
IMG_2642
 モノレール駅は空港と隣接しており、しかもそこそこの本数でくるから便利。
モノレールで千里中央を目指す。
千里中央から御堂筋線へ乗り換えて江坂へ。
昔、新卒で入社した会社で研修終了後、突然大阪へ行けと言われて住んだ場所が江坂だった。
懐かしさもあり、嫌な思い出しかない場所。
まぁもう二度と来ないし、死ぬ前には一度だけ行ってみたかったし思い出にね。
東急REIホテルはここに住んでた当初、一度泊まってみたかった場所。
東急ハンズが中に入っていて、しかも結婚式場まであるホテル。
さっそくチェックインして室内へ。
IMG_2643
室内は綺麗でそこそこ広くて満足。
東横インとかと比べると雲泥の差。
なにより、ユニットバスがすごく広いのが好感が持てる。
これは女性が泊まっても安心できるんじゃないだろうか。
これはなかなかいいホテルだ。
IMG_2644
 部屋は14階で窓からの景色は良かった。
こうやってみると江坂って都会だなぁと思う。
住んでた当初は嫌な街だと思ってたけどね。
まぁあの頃は右も左もわからなくて死にそうだったからかもしれない。
荷物を部屋に置いて、さっそく思い出探索へ出てみた。
昔住んでてたアパートを見たり、通いつめてたダイエーに行ってみたり。
懐かしい…。
 と、色々練り歩いていると遅い時間になってしまったので、そこらへんのお店で遅めの夕食。
周りが関西弁でなんか懐かしかった。
そして、ホテルに戻り就寝。
疲れていたのか、速攻で寝てしまった。

2016年6月12日06:00
起床。
6時半から朝食なので、シャワーで眠気を取る。
そして、レストランへ。
レストランはビュッフェ形式で結構美味しかったし、広くて快適だった。
ただ、中国人観光客が団体で泊っていたらしく、ものすごい人数で押しかけてきた。
レストラン内は中国語だらけ。
私たちがご飯を食べ終えて、店を出た時には席が空くのを待つ長い行列ができていた。
…あーよかった早めに来といて。

7:20頃
チェックアウト。
本当はもうちょっとゆっくりの予定だったけど、朝食も準備も早めに完了したのでさっさと行くことに。
この行動がのちに良い方向へ向かった。
江坂→梅田/大阪→西九条→ユニバーサルシティとのりつぐ。
結構距離が離れていると思ったが、すぐ着いた。
御堂筋線からJRに乗り換えるのも意外とすんなり。

9:00頃
ユニバーサルシティ駅に到着。
2,3年前に仕事で一度だけ来たことがあったけど、改めてみるとなかなか凝ってる。
なかのお店が意外と実用的なお店で便利。
ディズニーもイクスピアリがあるけど、距離が遠いしお店のチョイスもイマイチ。
こっちはマツキヨとか色々あって良い。

9:10頃入場ゲートに到着。
IMG_2648
IMG_2650

 すでにすごい行列ができてた。
今日の開演時間は9:00と書いてあったのに、みんな早いなぁ。
並んでいて思ったけど、入場ゲートが意外とこじんまりしてる。
ディズニーと比較するとね。
ってことは入場にはそれほど時間かからなそう。
と、何に乗るかをマップを見ながら考えていると突然放送が。

「只今より開演いたします」

エ?まだ8:15だよ?
結構早めに開演した。ラッキーだけど、予告なく開演するんだね。
これ、臨機応変に対応しているんだったら、すごいいい対応だよね。
これで9時まで待ってたらゲートがもっと人が溢れて大変だし、得した気分でお客心理も落ち着くし。
USJすごいわ。
それに、ホテル早くチェックアウトしてよかった〜!
入場が開始され、列が動き始める。
最初の方はなかなか進まなかったが、だんだんと流れていった。
入場ゲートへ着くと、なにやら怪しい機械がおいてあった。
どうやら、年パス持ってる人は顔認証らしい。
ハイテクや。

入場ゲートを通過し園内へ。
まず最初に行ったアトラクションは
「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」
いわゆるジェットコースターで園内を縦横無尽に駆け巡るアトラクション。
椅子にはスピーカーが設置されており、BGMを聞きながら走っていくことができる。
これはエクスプレスパスを使用して乗ったんだけど、このパスの力が本当にすごい。
待ち時間60分待ちと表示されていても、このパスなら待ち時間ほぼ無しだった。
あまりに早い案内で心の準備ができないほどだった。
乗ってみた感想は、普通のコースター。
BGMが聞ける以外は特になし。
ただ、景色は良くて気持ちが良かった。
このアトラクションの派生系で、「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜バックドロップ〜」というのもある。
こちらは、後ろ向きに乗るという斬新なアトラクション。
こっちの方が恐怖感がありそうだね。
今回は乗らなかったけど、いつか乗ってみたい。

次にハリーポッターエリアの時間までの暇つぶしに、お土産を見に行くことに。
入場間もない時間帯のショップはめちゃくちゃ空いてて気持ちいい。
こういう時にあらかじめお土産を選んでおくと便利なんだよね。
杖やらハリポのマントやらを見て回った。
どれも高すぎて手が出なかったけど…。
IMG_2651
ハリポタの杖が大量に売っていた。
IMG_2652
お値段は2種類あったが、5,000円弱。
どうやら、魔法が使えるタイプが若干高いらしい。
自分の好みはダンブルドアの杖だったなぁ。

次にブラブラしていると、COOL JAPANエリアへ到着。
現在、進撃の巨人、エヴァンゲリオン、モンスターハンターなどとコラボ中。
ここのショップには色々と面白そうなものがあった。
IMG_2653
調査兵団のマントやユニフォームが売っている。
これ、結構作りがよくて感激。ちょっと着てみたい。
IMG_2654
IMG_2655
 さらにショップの奥には、あの立体起動装置が置いてあった。
実際に販売もしているらしく、お値段はなんと10万円!!
作りは意外とちゃんとしていてお値段相応な気がする。
さきほどのユニフォームと一緒につければかなりいい感じになりそう。
買う人いるのかな…。

まだまだ時間があるので、手短なバックドラフトへいってみることに。
バックドラフトも時間が合わず次の開演まであと15分ちょいらしいので、近くのミリオンズショップへ。
ここは、以前バックトゥザフューチャーがあった場所。
バックトゥザフューチャー好きの私にはとても悲しい出来事だったが、あのライド正直ちょっと酔うんだよね。話もあまり面白くないし。
話を戻すと、ミリオンズショップの前にちょっとしたゲームができるお店を発見。
「ミニオン・スペースキラー」というゲームで、バズーカで積み重ねられた6つの缶を全て落とせばミリオンズのヌイグルミがもらえるらしい。
¥1,000/4発でできるらしいので、やってみることに。
いまさら言うけど、今回は前の会社の後輩と一緒にきている。
なので、1プレイを2人でやることに。
簡単な説明を受けていざ実践。
先に、後輩がやってみるとなんと、2発目で全落し!
私も残りの2発をやってみると2発目で全落し!
意外と簡単でした。
2回落としても、もらえるヌイグルミは一個ということなので、後輩にヌイグルミはあげた。
ここの店員さんたちがすごく話やすいし優しい人たちで楽しかった。
USJに来て所々で思ったけど、キャストの人たちがすごく楽しそうでこっちまで楽しくなってくる。
これは、すごい。ディズニーも見習ってもらいたいわこれ。こんなに気持ちいいものとは思わなかった。
そして、これからこのヌイグルミとキャストのフレンドリーさで思わぬ苦行が待ち受けていた…。

そんなこんなでバックドラフトの時間が来たので向かう。
バックドラフトは熱い。
ただ単純に熱い。そして、最後びっくりした。

そろそろ時間が迫ってきたので、ハリポエリアの近くへ移動することに。
IMG_2664
JAWS!
改めて見ると、大きい。
時間がものすごい微妙で相方がJAWS乗れそうだから乗りましょう!というのでJAWSへ行ってみることへ。
待ち時間が50分待ちでちょっと時間がかぶる。
JAWS入り口のキャストに相談してみると、意外と列の流れはスムーズらしいので30分くらいでいけるらしい。
これはいいことを聞いた。
さっそく並んでみることに。
ここからキャストに話しかけると必ずヌイグルミいじりが始まった。

キャスト「3名様で乗りますか?」
俺、後輩「え、2人ですけど?」
キ「ほら、ここに可愛らしいのがいるじゃないですか?」
後輩「え、ああそうですね」
キ「はい!3名様いってらっしゃい!!」
俺、後輩「ははは…(恥ずかしい)」

普段こういうノリに慣れていない我々は、こっぱずかしいわ。
そんなこんなで列に並ぶことに。
IMG_2665
並んでる最中になかなかなかっこいいのがいたのでパシャり。
かっこいいね。
JAWSは小さい頃見たことあってトラウマになった。
サメのあの黒い目が怖い。
列はすごく順調に流れていった。いやーキャストさんに聴いてよかった。
どんどん列が進んで行ってあっという間に船に乗る番になった。
ここでもキャストさんに、ヌイグルミのツッコミをいただく。
最初聴いてなくて無視しちゃうところだった。
みなさん、いきなりすぎなんですよ。
JAWSはディズニーでいうジャングルクルーズと同じ形式。
船に乗って観光しながら、サメ退治するというストーリー。
このアトラクションの目玉はなんといっても船頭さん。
ものすごいテンション高くて面白い。
学生時代は「なんだあのノリ、恥ずかしいわー」と思ってたけど、今見てみると楽しかった。
人って変わるものだね。
サメも意外とリアルだし、水がぶっかかるから面白い。
何十年前のアトラクションなのに、まだ楽しめるのはなかなかすごいな。

ジョーズを終え、時間が来たのでハリーポッターエリアへ。
ハリーポッターエリアはまず入場するのに、制限がある。
なかなかエリアの広さからもこういう制度にしないと大変なことになってしまうんだろうな。
IMG_2667
エリア入り口にいるキャストさんにチケットを見せて入場。
ここでも、ヌイグルミのことを言われる。
だんだん慣れてきたけど、みなさん徹底しすぎですよ。
森を抜けていくと、たしか、空飛ぶ車。
ロンがのってたようなするな。
そして、ちょっと歩くとホグズミート村の玄関に到着。
IMG_2669
IMG_2670
率直に感じた感想は、「すごい」。
けっこうな作り込みで、これは感動する。
入り口には例の機関車があり、その前には外人の車掌さんがいて記念撮影してくれる。

IMG_2671
街並みもなかなか質感も出ており、それっぽい。
相方と2人で、ひたすら唸ってた。
ハリポのアトラクション時間まで少しだけ時間があったので、さっそくバタービールを購入することに。
IMG_2676
この季節は、普通のバタービールの他に「フローズンバタービール」なるものが販売されていた。
これは、炭酸のかわりに氷が入っており、夏にはぴったりの飲み物。
初めてバタービール飲んだけど、甘い!
めちゃくちゃ甘かった。泡も甘い。
これ、泡というよりクリームなんだね。作りがこってらっしゃる。
バタービールを飲みながら、少し散策。
IMG_2672
これは一作目ででてきた動くチェス盤。
本当に動いてた。
IMG_2674
先生方の肖像画。
これは見る角度で絵がかわるやつ。
ダンブルドア先生結構好きなんだよね。
強いじいさんってキャラ設定がたまらん。
シリウス・ブラックの指名手配書。
これもディスプレイになっていてシリウスさんが動く。
すげー。
町中に色々な仕掛けがしてあって面白い。
最近できた「ワンド・マジック」というマジカル・ワンドという特殊な杖で、一定の動きをしながら呪文を唱えると魔法が使えるというアトラクションがあちこちにあった。
子供達が必死に呪文を唱えているのが可愛らしい。
IMG_2678
ものすごく見づらいけど、マンドラゴラもいた。
これもめちゃくちゃ動いてた。というか暴れてた。
お土産屋の中も凝っていて見ているだけで楽しい。
IMG_2679
休憩所の天井にもこんな仕掛けが。
フクロウがたくさんいる。しかも糞が妙にリアル。
この下では、たまに本物のフクロウがお披露目されることがあるらしい。
IMG_2680
時計の裏に歯車が。
こういう仕掛け大好きなんですよ。
これ、みてるだけで飽きないわ。
 IMG_2681
フクロウショップもあった。
フクロウかわいいなぁ。 
お店の作りがいいね。たまらん。
フラフラとお店巡りをしていると、時間になったのでアトラクションへ向かうことに。
IMG_2685
 ホグワーツ城に到着。
ここには一番の注目アトラクションである「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」がある。 

待ち時間がなんと『200分』!!

3時間強も待ってたら疲れ果てるわこれ。
今回我々はエクスプレスパスがあるので、専用レーンへ移動。
さっそく城内へ。
中へ入るとロッカールームがあり、そこで手荷物を全て預けなければならない。
どうやら、結構激しい動きをするアトラクションらしい。
手荷物を預けてさらに奥へ。
列に並んでる最中だったので写真が撮れなかったけど、かなり作りこまれていた。
この待ちの間だけでもアトラクションとして成立しそうなくらいの作り込み。
動く肖像画たちの会話が楽しかった。
エクスプレスパスのおかげでものすごい勢いで列が進んでいきほとんど待たずに順番が来た。
このアトラクションは、動く4人乗りの動く椅子に座って3Dメガネを掛けて体験するライド&3Dの融合アトラクション。
CMなどでは、世界最高峰を謳っているUSJ一押しのアトラクションである。

乗った感想だが、

「これは世界最高峰だ」

と思った。

すごい!
本当に飛んでる感じがしたし、落下時や目の前にアレが来た時なんかは思わず目をそらしてしまった。
これはディズニーやゲームなどでは絶対に味わえない素晴らしいアトラクションだ。
最近、色々な遊園地いったが、これほどのアトラクションは初めて。
間違いなく、私的アトラクションランキング歴代1位になった。
アトラクションを降りて相方と2人でしばらく顔を見合わせてすごすぎて思わず笑ってしまった。
これは何回も乗りたくなるわ。

次に連続して「フライト・オブ・ヒッポグリフ」の時間になったので移動。
これはいわゆる普通のジェットコースター。
コースターが劇中に登場するキャラクターのヒッポグリフになっていてそれにのるというもの。
子供向けのアトラクションですね。
待機列には粋な演出があって、列に並ばないと見れない建物がある。
IMG_2689
IMG_2690 (1)
それがこの「ハグリッドの小屋」。
これも結構凝ったつくりしててちゃんとバイクも置いてある。
待ってる時に飽きがこないようにしてるのは素晴らしい。某絶叫系遊園地は見習ってほしい。
アトラクション自体は、極めて普通。
だが、このエリアを高いところからみれるのは良い。
ホグワーツ城も近くで見れて楽しかった。

これで、このエリア内のエクスプレスパス使えるアトラクションは乗り終えたので、
レストラン「3本の箒」で一休み。
IMG_2675
劇中で出てくるレストランですね。
中が意外と広くて混んでるかと思ったけど普通に座れそう。
中に入る時にキャストさんからメニューをもらうんだけど、そのメニューも結構凝ってる。
昔の紙の質感で作られており劇中で使用されていたものみたい。
正直、持って帰りたいくらい欲しい。
けど、ちゃんと店員さんに返したけどね。
注文するためにレジにいく。
USJはレジの上にあるメニュー表はすべて大型ディスプレーですごくわかりやすい。
ディズニーは古くさすぎるんだよなこうゆうの。USJはやっぱすげぇ。
そのレジのキャストさんもまたヌイグルミにツッコミを入れてくる。

キャスト「そのヌイグルミどこで手に入れたんですか?」
後輩「アトラクションの景品です。バズーカ撃って缶を全て倒すともらえるんですよ」
キャスト「へー!!じゃあ全部倒したんですか!すごいですね。さすが!!」
後輩「いえいえたまたま上手くいったんですよ(照)」
キャスト「まぁ我々は魔法で全部倒しちゃいますけどね(ドヤァ」
私・後輩「すごいっすね(汗」

あいかわらず、話をしてくる。
会計そっちのけで会話してたわ。
だんだんこっちも慣れてきて逆に楽しくなってきたよ。
会話と会計を済ませて商品を受け取ろうとした時、またもやキャストさんが

「USJ15周年なんで一緒に掛け声おねがいします!」

もう、どうにでもなれって感じになってきた。
キャストと後輩と私で盛大に「リボーン‼︎‼︎‼︎」しました。

商品を受け取って、席を確保しようとするとキャストさんがあいている席を案内してくれた。
これは助かる。
ゆっくり食べたいのに席がないと悲しいからね。
私が頼んだ商品は「フィッシュ&チップスセット」。
IMG_2703
メシマズのイギリス伝統の一品。
歩き回ったからかなり疲れてたけど、そこまでお腹空いていなかった。
後輩もまったくお腹空いていないらしく、一緒に食べてくれないのでひとりで黙々と食べていたが、なかなかのボリュームだった。
ただ、一緒に頼んだアイスコーヒーはあまり美味しくなかった。
これどこのだろう…。
IMG_2704
3本の箒の天井。
周りを見渡すと、時折色々なキャラクターの影が現れる。
フクロウだったりドビーだったり…。
室内も凝った作りで良いね。
ここでコーヒー飲みながら本でも読んでいたい。
机がガタガタだったのが嫌だったけど。

ご飯も食べて休憩できたので、次にキャッスルツアーに行ってみることに。
これは、ホグワーツ城内を見学できるツアーでフォビドゥン・ジャーニーの待機列のところをゆっくり観察できる。
入る場所はフォビドゥンジャーニーと同じ場所だが、途中で分岐する所がある。
キャストさんがたっているのが目印。
さっそく入ると、色々な置物が置いてあった。
IMG_2706
IMG_2707
中世ヨーロッパって感じでこういう雰囲気好き。
IMG_2709
何かを説明している教師。
どうやら宙に浮かぶ薬の説明をしてる。
この隣の絵にナチュラルに移動するのがなかなか面白い。
IMG_2710
IMG_2712
IMG_2714
動く肖像画たち。
会話は2パターンあって、並んでいる人間(マグル)のことについて話している。
この人たちは各寮の創設者らしい。
ホグワーツには4つの寮があって入学時に組み分け帽さんに組み分けてもらう。
・グリフィンドール
・スリザリン
・レイブンクロー
・ハッフルパフ
一番下の写真に写っている女性は、ハッフルパフ。
マグルに対しては差別をしない優しい女性。
スリザリンはかなり威圧的。
寮の中で一番好きなのは、レイブンクロー。
名前がかっこいいし紋章もかっこいい。
IMG_2718
校長室も鑑賞。
ダンブルドア先生結構長い説明をしゃべってたんですね。
待機列の時は一瞬で通り過ぎてしまったから、全然聞いてなかった。
幽霊を教師に雇うとは斬新だわ。
IMG_2722
IMG_2723

次は教室?
ここでは、ハリーとロン、ハーマイオニーが登場。
このアトラクションの要となる話をしてくれる。
これも2種類あって、雪と雷の2パターンあった。
雪はもろにかぶってびっくりした。
IMG_2719
教室?の天井にぶらさがっている骨。
こいつの頭部分から雪が降ってきた。
IMG_2725
IMG_2724
教室?の窓際には何やら不気味なものが飾ってあった。
ドラゴンの頭やら骸骨やら。
薄気味悪いんだけど、こういうのたまらんね。雰囲気でるわー。
けっこう作りもしっかりしていて気分が高揚してくるね。
IMG_2726
アトラクション直前にある動く肖像画2。
このおばさんすごくおもしろくて優しい人で癒される。
これも会話内容が2種類パターンがあった。
おもしろい。
IMG_2727
IMG_2728
アトラクション直前のグリフィンドール寮の歓談室?
ここでキャッスルツアーは終了。
キャッスルツアーは歩きながら見るだけだけど、ものすごく楽しめる。
人もそれほどいないので、自分が気がすむまで見学できるのがたまらない。
ハリーの世界に入り込める。
これはまた来たい。

IMG_2693
ホグワーツ城内をでて、撮影スポットへ移動。
なかなか曇り空と相まって雰囲気でてる。
よく作ったもんだ。
ただ、このホグワーツ城はすごくミニチュア感がでてしまってるのが悲しい。
もうちょっと離した方がよかったんじゃないかな?
次に杖を選んでくれるお店に行こうとする途中、何やらステージが騒がしい。
IMG_2695
「ワンド・スタディ」と言われるショーが行われていた。
各4寮の生徒が魔法を学ぶというショー。
それぞれの寮の性格が出ていて、なかなか面白かった。
あの浮いた羽がどうやっていたのか気になる。
本当に浮いていたからね〜。
1回だけ客が選ばれるけど、基本的には小さな子供。
恥ずかしそうに呪文唱えれるのは可愛らしかった。
役者さんもすげーなりきってやっていたから見応え抜群。
IMG_2696
レイブンクローの人が結構かわいかった。
やっぱレイブンクローだわ。

ショーも終わり、次に自分にあった杖を選んでくれる「オリバンダーの店」へ行くことに。
これもアトラクションなんで入り口には一応並ぶところと待ち時間表示が。
15分待ちと書いてあったけど、並んだら5分も経たずに入店。
IMG_2702
IMG_2699
室内には、杖がびっしりと棚に置いてある。
隠し扉があんなところにあったとはびっくり。
さらに奥へ入ると、怪しいおじさんがいた。
このおじさんがオリバンダーさん(外人)。
日本語と英語を織り交ぜて色々と説明してくれて1人だけ選んで、杖の選択へ。
選ばれた人は、若い男性だった。
誕生日や名前、利き手など聞かれていたが、ここで衝撃の事実。
選ばれた男性も外国人だった!!
オリバンダーさん(外人)と選ばれし者(外人)のイングリッシュトーク!!
周りがポカーンとしながらもオリバンダーさんが必死に日本語と英語の同時翻訳で進んでいく。
最終的に杖が決まり、終了。
これもなかなか見ていて面白かった。
終了後はとなりの杖販売所に通されるんだけど、選ばれし者(外人)が選んでもらった杖の何やら説明を受けていた。
この選んでくれた杖は、もらえるんじゃなくて購入なんですね…。
買うか買わないかは選べるらしいんだけど、買わないのはもったいないよね。
箱も限定者らしく、ほこりとかついてて結構リアルらしい。
ただちょっと現実的なものを垣間見てしまった。
IMG_2697
杖販売所に怪しげな入り口が。
なんだろうこれ。
杖のところを出て、適当におみやげ物屋へ。
IMG_2729
とってもポップなオモチャ屋があって子供は楽しいだろうな。

と、ここで次のアトラクションの時間が近づいてきたため、ハリーポッターエリアを出ることに。
いやーこのエリアはすごいの一言だった。
USJ素晴らしいっす。

次にむかったのは、「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」
まったく興味がなかったがエキストラパスについていたので乗ってみることに。
これはどうやら今はやりのVRヘッドマウントを利用したアトラクション。
私は勝手に劇場の動かない椅子に座り、ヘッドマウントを装着して見て楽しむアトラクションだと勘違いしていた。
後輩もそう思っていたらしくキャリーさんに興味なさそうで、2人でさっさと出ようと思って並んでた。
順番がきてみるとびっくり。

あれ、これライドがあるぞ?

このアトラクションVR+ライドというシステムだった。
これはやばそうな予感…。
後輩とドキドキしながらライドに乗り込む。
そしてVRヘッドマウントを装着すると、そこにはVR空間が。
すごい、確かに360℃のVR空間が広がっているが…。

画質が粗い。

そのせいで没入感があまりない。
しかも、全面に出てくるキャリーさんが作りが雑で瞬き一つしないで踊っててなんか怖い。
さらに、ジェットコースター系のライドなのでいきなり落ちたりする。
もう何がなんだかわからず、だんだん酔ってきた。
全面のキャリーさんがちょこまかと出てきて踊っては去りを繰り返しだんだん腹が立ってきたのは内緒。
そして、終盤に差し掛かりよくわからんものすごくでかい怪獣見たいのが我々を掴み上げはるか上空へ。
そこで、キャリーさんが助けてくれる!と思ったその時!!

まさかの停止。
キャストの声が遠くから聞こえ、暫くおお待ちくださいとのこと。
ものすごい上空(VR)に取り残された2人。
この後、絶対に急降下すること間違いないからそれがすごく怖い。
予習しようと思ってマウントをはずして外をみると、真っ暗。
そっちの方がめちゃくちゃ怖いわ。
暫く待つと、突然ライドが動き出した。
そして、間髪あけず急降下。
これはさすが怖かった。
そして、アトラクション終了。
うーんこのアトラクション、発想はいいんだけどなぜキャリーさんでやったんだ…。
それだったらセサミストリートとかでやった方がまだマシだったと思うけど。
正直、酔って怖いだけだった。

IMG_2656
気を取り直して、向かった先は「ターミネーター2;3D」
これも初期からある古参のアトラクション。
しょぼいのかなと思って入ってみるとこれがまた意外に面白かった。
イントロダクションの部分でストーリーの説明が入るだけど、その説明するキャストが面白い。
名前は綾小路さん。
女性のオペレーターでなかなかキレのある動きとツッコミが面白い。
演じてる方は大変だけど、これこそエンターテイメントって感じだった。
ディズニーでいうならタートルトークに近い感じかな?
それよりも毒があって面白い。
本編は、実写と3Dの映像が融合しててなかなか面白かった。
ここでも綾小路さんが◯される場面はなかなかいい演技だった。
最初の映像はちょっとだるかったけど終盤はおもしろかった。
思わず、避けたよあれ。

IMG_2659
次に乗ったアトラクションは「スパイダーマン」
これはライドと3Dの融合で画質が4Kになって迫力がましたらしい。
スパイダーマン自体は話がよく知らない上に、エクスプレスパスの効果で並ばずに乗れてしまったため、ストーリーを全く把握しなかった。
どうやら、特ダネを見に行こうとしたらヤバイ奴らがでてきたのをスパイダーマンに助けてもらうって話らしい。
スパイダーマンって新聞記者だったんだ。
ここでも、ヌイグルミいじり。徹底してんな。
ライド自体は結構揺れる。
ただ、3Dメガネが汚くて曇って見えた。
それに映像もふーんて感じ。
ハリーを体験した後なので、ダメだ。
どれもしょぼく見えてしまう…。

IMG_2661
そして、最後のアトラクションはジュラシックパーク・ザ・ライド
私は映画でジュラシックパークは好きなので、結構楽しみにしてる。
これはディズニーでいうならスプラッシュマウンテンで濡れるらしい。
この時点で、結構雨が降ってきて濡れていたので問題無し。
さっそく乗車。
最初は、ゆったり観光気分だけど、危険な恐竜が逃げ出したらしい。
ボートもやばいエリアに入ってしまったらしく緊急事態。
謎の建物に入って上へ登っていく。
この建物内をもうちょっと何かあればさらに面白くなるんだけど、意外と短い。
一番上まで登るとティラノさんがお出迎え&お見送り。
落ちる系は体が慣れないから怖くて楽しい。
そして、最後はビショビショになった。
夏には貞子とのコラボやってりして今度はそっちも乗ってみたい。

IMG_2662
IMG_2663
ライドでびしょ濡れ&雨が本降りなので、休憩がてらレストランへ。
このレストランはガラガラで非常に落ち着いた雰囲気だった。
ここでもヌイグルミの絡みがすごかった。
会計をなかなかさせてくれないし、商品受け取る時もまたリボーンさせられたわ。
ここでまったりと休憩。
USJでこんなにまったりできるとは思わなかった。
現在このジュラシックエリアは工事中でジョーズエリアとの通路が通行禁止になっているため、ここが最深部になってしまい、あまり人が来ないみたいだ。
いやーこういう穴場大好き。
ディズニーでもロストリバーデルタとかのレストランは比較的空いてたりしてよく行く。
後輩とまったり休憩。デザートも美味しいしたまらん。IMG_2660
ちなみに、最新アトラクションの「ザ・フライング・ダイナソー」は後輩が拒絶したため乗れず。
私はものすごく乗りたかったので、非常に残念。
このエリアに入る途中に、このアトラクションが登ってる最中に停止しているのを目撃。
どうやら、乗員が何か荷物を持ち込んでしまった模様。
下に向いた状態で停止させられてかわいそう。
キャストが階段であがっていって、網でその荷物を受け取ろうとしていたが、なんと網に入らず地面に落ちてしまった。
おそらくカメラだろうと思うが、自業自得だからしょうがない。
あれ系のアトラクションは荷物持ち込むと最悪人が死ぬケースあるから持ち込む方が悪い。
キャストさんと他の乗客が非常にかわいそう。

レストランでまったりしていると、飛行機の時間が迫ってきた。
我々は名残惜しいが、USJを後にすることに。
ゆっくりとおみやげ屋を見て回りながら、退園。
伊丹空港でたこ焼きを食べて無事帰宅した。


総評:
No.1はUSJです。
ディズニーよりあきらかに頑張ってる。
アトラクションや建物の作りこみなど見ていて飽きないし素晴らしい。
そしてなにより、一番素晴らしいと感じたのはキャストの皆さん。
すごく楽しそうに仕事してるし、いろいろと話しかけてきてくれる。
普通にそこらへん歩いてても話しかけてくるからすごい。
教育が徹底されてるよ。
最初は恥ずかしくてろくに受け答えできなかったが、それでも笑顔で対応。
アトラクションの待ち時間も親切に教えてくれたりと対応が素晴らしかった。
ネズミの国は、一部の人が頑張ってるけど、キャストにムラがあったり施設が古臭い。
USJのお金の掛け方を見習った方がいいのかもしれないなぁ。
次どっちいく?って聞かれたら間違えなくUSJと答えるね。
年パスも安いし、これは関西に住みたくなるわ。
また時間作っていくことにしよう。

ちなみに後で聞いた話だが、USJの待ち時間表示はかなり多めに見繕ってそうですね。
200分待ち表示でも実際は60分で乗れたとかよくあるみたい。
入り口のキャストさんに聞くと親切に教えてくれる。

USJのキャストのみなさん、本当にありがとう。楽しかった。


他の旅行はこちら→一人旅の記事まとめ