本格的な活動は「K-BLOG NEXT」に移転しました。
しかし、ここも勿体ないので個人的趣向の強い話題を不定期に。
今回は「音楽」についてです。
DSC00148
本格的な活動拠点はこちら
K-BLOG NEXT(外部リンク)

音楽は人生に必要不可欠なものです。
私も毎日、移動中や作業中などあらゆる場面で聴いています。
時には癒しを、時には原動力ともなる「音楽」
今回は、最近個人的に気に入っている曲をご紹介したいと思います。
メジャーな曲は少ないですが…。

Any (Mr.children)


まず初めは有名どころです。
言わずと知れたミスチルの曲ですね。
この曲が好きな所は「歌詞」です。
若い頃はこの曲の歌詞は全く響きませんでしたが、大人になるにつれて意味がわかったような気がしてきて心に響きました。
特に出だしの歌詞は深いですよね。
今まで「ひとつの答え」を探し続けてきた自分にとってはとても刺激になりました。
イントロのピアノも綺麗で好きです。
この曲を聴くと、生き急いでいる自分の心を落ち着かせることができます。

Not Your Kind of People (Garbage)

アメリカのロックバンド「Garbage」の曲です。
ゲーム「メタルギアソリッド5」のトレーラーにも使用されました。
アンニュイな曲調でありながら、これまた歌詞の奥が深い。
以下の文が何度も登場します。
We are not your kind of people
引用元:曲:Not Your Kind of People (Garbage)
最初は屁理屈的な事なのかな?と思っていましたが、後半になればなるほど心にグサッとくるような言葉の数々が登場します。
人々は立場が違えば、考え方も異なります。
どの考え方が正解なのかはわかりませんが、人が生き続ける限り一つになることは難しいでしょう。
人という生き物は非常に難解ですね。
それと、この曲の最後に登場する以下の文が好きです。
We are extraordinary people
引用元:曲:Not Your Kind of People (Garbage)
私自身、自分のことをそう思っています。
なりたくてなったわけではないですが、そればかりは仕方ありません。
ただ、自分自身を認めることは大事だと思います。

たった1つの想い (KOKIA)

アニメ「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」の主題歌です。
私、このアニメを全く知りませんでした。
最近になって、たまたまこの曲を聴くを機会がありました。
初めて聴いた瞬間、衝撃が走りました。
哀し気な曲調、そして歌詞がとても響いてきます。
一番の歌詞だけでも心がキュっとなるんですよね。
この現代社会、自分の考えを貫くことは非常に難しい。
常に迷いや不安、恐怖や怒りを覚えながら生きています。
芯が通った人間ならば、それらを受け入れて真っすぐ生きていくとができるはずですが、私のような人間にはそれすらもなかなかできなかったのが現実です。
個人的に一番の原因は「迷い」です。
周りに流されて生きてきた自分は、チグハグな選択しかできませんでした。
なかなか自分の意思を貫くことができません。
たった1つのことが出来れば、違った人生があったのではないかと思っています。
その難しさを痛感しました。
今度はきっと自分の意思を守り抜いてみたいですねぇ。
そんな想いにさせてくれる一曲です。

アニメ自体も非常に暗いお話となっています。
かなり人を選びそうな内容ですが、とても夢中になれました。
歳をとると涙腺が緩くなってきます。

以上、3選でした。
私が気に入る曲は大体「歌詞」が基準なのかもしれません。
上記では書いていませんが、「ロマンスがありあまる(ゲスの極み乙女)」という曲も歌詞が好きでいつも聴いています。
私は社会に対して「疑問」を持ってしまったので、いわゆる普通に生きていくことができません。
そういった意味で、こういった曲が好きになるのかもしれません。
それとピアノの旋律も好きなので。
音楽は色々な事を教えてくれます。