マツダの中国専売SUV「CX-4」
いよいよ製造元である一汽マツダが正式に発表しました。
content3Img2
画像:一汽马自达
情報元:全新MAZDA CX-4 全球“动心”首秀(外部リンク)

情報元は、一汽マツダの公式ページです。
新型CX-4の専用ページが公開されています。
今回の改良は「響き渡る美しさ」をテーマに、平凡で控えめな若者たちに美的感覚を刺激するユニークなSUVに仕上がっているそうです。
改良内容の一番の目玉は「外内装の変更」です。
外装は大幅に変化しました。
フロントフェイスとリアコンビランプが新世代を意識した作りになっています。
content2KV1
content3Img7
画像:一汽马自达
フロントはガばっとあけた大きな口が印象的ですねぇ。
CX-30のように下部に発光部が設置されています。
同じように光るみたいですね。
そしてヘッドライトはLEDになり、細くなっています。
リアコンビランプもLEDで、以前のスプーン型からU字型に変更されています。
内装は、若者を意識したのかド派手な色合いに。
content3Img9
content3Img10
画像:一汽马自达
ソウルレッドクリスタルとバーガンディの組合せで『所有する歓び』を呼び起こします。
そして、「赤」はマツダの魂だそうです。
これらを組み合わせることで、この新型CX-4はSUV市場で最も目を引く存在へとなると、マツダは公式リリースで述べています。
グローブボックスやドア部分も真っ赤というのが凄い。
赤が好きな中国の方に向けたかなり攻めた姿勢ですねぇ。
他にもセンターディスプレイが大きくなっています。
これで中国市場の巻き返しが始まりそうで楽しみです。