2019年、マツダの新時代が幕を開けました。
様々な組織改革が行われているようです。
DSC09511
情報元:【MAZDA】組織改革と人事異動|ニュースリリース(外部リンク)

情報元は、マツダ公式ニュースリリースです。
2019年10月1日付で組織改革と人事異動についてを公表しています。
気になるのは「組織改革」です。
内容は以下の通り。
<目的>
外部環境の変化に迅速に対応するべく、商品開発における一括企画の推進機能を強化するとともに、個別商品開発の推進機能を再編し、ビジネス効率の向上を図ります。
<内容>
商品開発企画部を新設する。
マツダの誇る一括企画を強化すべく、「商品開発企画部」を新設するそうです。
名前から予想すると、商品企画に特化した部署ですねぇ。
製造部門と営業部門の人たちが集まって企画していくのでしょうか?
最近では「MDI業務設計部」や「コネクティッドシステム部」などの部を新設していました。
マツダ、「コネクティッドシステム部」を新設。 : K-BLOG
幅広い分野で組織改革が行われているようです。
私もこういった会社の変革を体験しましたが、非常に大変でした。
そして、人が足らないので掛け持ちしたりと体力的、精神的にもきつかったですねぇ。
マツダの人たちも大変そう。
しかし、マツダは自動車・輸送用機器業界の労働時間満足度ランキングでは「3位」にライクインしていると以前報じられていました。
自動車・輸送用機器業界の労働時間満足度ランキング――1位は「NTN」 - MONOist(モノイスト)(外部リンク)
それなりに、車内では満足のいく職場環境なのかもしれません。
ただし、こういったのは部署では全然違うのが現状だったりしますが…。
何はともあれ、マツダの組織変革が上手くいくと良いですねぇ。