マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
本日、正式発表されました。
今回は改めて「CX-30」について学びたいと思います。
190920_cx-30_drv_pc_img01
画像:MAZDA
マツダの新世代商品第2弾となる「CX-30(シーエックス サーティ)」
この新型SUVは「毎日の中に新しい発見や刺激を感じ、それを大切な人と共有することで人生を豊かにしてほしい」という想いで開発されました。

デザイン

チーフデザイナーは、柳澤亮氏。
「アートと共に過ごす豊かな人生を」をテーマに、日本の美意識を礎とし、マツダのデザインテーマ「魂動デザイン」を採用したCX-30。
デザインコンセプトは「Sleek & Bold(溜めと払い)」とし、伸びやかな美しさとSUVらしい力強さを融合したプロポーションになっており、触れる度に歓声が刺激されるデザインになっています。

フロントデザインは端正で精悍なデザイン。
深い造形に進化したシグネチャーウイングとフロントバンパー形状が相まって、前進感の強い立体造形を実現しています。

リアエンドデザインはリフトゲートのアーチ状のくびれ造形によって、艶めかしい迫力のある形状を実現しています。

このCX-30、デザインはほぼ迷いなく1発で決まったそうです。
そして、柳澤氏自身が欲しいと思うクルマなんだとか。
普段RX-8に乗っているそうなんですが、帰省では奥さんのデミオに乗って移動。
そんな時に荷物などが多くなかなか大変なんだとか。
そこで「もう少し室内空間をしっかり使えて、荷物も簡単にホイッと積めるクルマがあれば」と考えていたと発言しています。

新開発の「ディミングターンシグナル」

190920_cx-30_ext_pg_img05
画像:MAZDA
瞬時に点灯し、余韻を残しながら徐々に消えていくウインカーを新たに開発。
光源はLED。
拍動を感じさせる温かみのある点滅によってマツダらしい生命感を表現。
また、この発光表現はLEDの調光制御によって実現しています
ターンシグナル点灯時のメーター内のインジケーターでも点滅・鳴動するようにチューニングを施し、心地よい統一感を造り込んでいます。

深化した「シフトパネル」

P1J17178s
画像:MAZDA
シフトパネルにはMAZDA3で導入した2層成形技術をさらに進化させて採用。
上質の深みあるスモークグレーのパネルに光が当たると、下層のパネルの金属調のパターンが出現して、光の移ろいを表現しています。

多くのグレードに標準装備「パワーリフトゲート」

P1J17179s
画像:MAZDA
「20S」を除く全ての機種に標準設定しています。
また、リアゲートを開閉するダンパーのギアとケースを従来のマツダ車で採用していた金属製から樹脂製に変更したことにより、高い周波数の作動音を低減。
滑らかな動きと静かな作動音によって安心感が高められました。

オフロード・トラクション・アシスト

AWD車の新機能である「オフロード・トラクション・アシスト」を開発。
悪路からの脱出が困難な状況においても、オフロード・トラクション・アシストを作動させることで、AWDとTCSが協調してタイヤの空転を抑制。
路面に接地しているタイヤへ適切に駆動力を分配し、トラクション性能を最大限に引き出します。また、ドライバーがまるで直接触れているかのように直感的に路面状態を把握することができるフィードバック特性にチューニングすることで、ドライバー自身がタイヤのスリップを緻密にコントロールでき、結果的に無駄なエネルギーを使うことなく悪路を走破することが可能。悪路においても人馬一体のコントロール性を提供することで、スタックの回避をサポートします。また、ヒル・ローンチ・アシスト(HLA)とも協調し、悪路においても登坂時の車両の後退を抑制。エンジンやシャシーをはじめとするSKYACTIV技術が従来から持つ応答性のよさと相まって、悪路を含めたさまざまな路面環境においてドライバーの意のままの走りを実現します。
注:オフロード・トラクション・アシストは、スタック脱出を補助する機能です。

エンジンラインナップ

▼SKYACTIV-X
SKYACTIV-Xは、優れた初期レスポンスと力強いトルクを備えるディーゼルエンジンの良さと、素早い操作にもリニアに追従し、高回転までスムーズに伸びるガソリンエンジンの良さを兼ね備えたマツダの新世代エンジンです。独自の燃焼方式「火花点火制御圧縮着火(Spark Controlled Compression Ignition:SPCCI)」によって、ガソリンエンジンで圧縮着火を制御する技術を実用化しています。また、マツダが理想とする小型で高効率なハイブリッドシステム「M Hybrid」を採用し、より高いレベルの「走る歓び」とリアルワールドでの環境性能を両立しました。
▼SKYACTIV-G 2.0
最適化した吸気ポートやピストン形状、燃料の分割噴射、冷却水制御バルブなどの技術を取り入れ、走り・燃費・環境性能を高めてきたSKYACTIV-Gエンジン。アクセル操作に対するリニアな応答性や伸びやかな加速感など、様々な走行シーンにおいてスムーズに運転できる心地よい走りを実現します。
▼SKYACTIV-D 1.8
超高応答マルチホールピエゾインジェクターによって急速多段燃焼を実現した1.8Lのディーゼルエンジンを搭載しています。低燃費・静粛性・排出ガスのすべてを高次元にバランスさせることで、滑らかで余裕ある走りと実用燃費の向上を追求しました

以上です。
まだまだたくさんあるんですが、今回はここまで。
CX-30では新型MAZDA3よりもさらに進化した機能などが搭載されています。
ただMAZDA3のクロスオーバーというわけではないんですね。
実際に運転してみるのが楽しみです。