本日(2019年9月20日(金))、マツダは新世代商品第2弾「CX-30(シーエックス サーティ)」を発表しました。
同時に予約受注を開始します。
P1J17172s
画像:MAZDA
情報元:【MAZDA】新世代商品第2弾、「MAZDA CX-30」の予約受注を開始|ニュースリリース(外部リンク)

情報元は、マツダの国内ニュースリリースです。
マツダの新世代で初となるSUVです。
グローバル戦略車として新たなにラインナップされたCX-30は「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」をコンセプトとして開発されました。

概要は以下の通り
▼エンジンラインナップ
SKYACTIV-X 2.0
SKYACTIV-D 1.8
SKYACTIV-G 2.0
※SKYACTIV-GとSKYACTIV-XにのみMT設定有

▼ボディカラー
全8色
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • ジェットブラックマイカ
  • ディープクリスタルブルーマイカ
  • チタニウムフラッシュマイカ
  • ソニックシルバーメタリック
  • マシーングレープレミアムメタリック
  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • ポリメタルグレーメタリック
▼新機能
「オフロード・トラクション・アシスト」
新開発「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用。悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化して、悪路からのスムーズな脱出を実現。様々な路面環境において安心・安全の走行性能を提供する。

▼販売計画台数
2,500台(国内・月間)

価格に関しては情報元を参照してください。
SKYACTIV-GとSKYACTIV-Dの発売は10月24日から。
SKYACTIV-Xは、2020年1月以降となります。

ついに発表された「CX-30」
国内ではどれだけ人気が出るのでしょうか。
これでまた、新たなマツダ旋風が起こせると良いですねぇ。