2020年、マツダのEVが本格始動します。
今回はそんなマツダEVに関してです。
P1J17119s
画像:MAZDA
情報元:Mazda plans to unveil full EV at Tokyo show(外部リンク)

情報元は「Automotive News」です。
こちらでは、マツダのEV車のデビュー時期について書かれています。
以前、記事にもしましたが、欧州のマツダ公式ページで公開されている内容と同じで、「東京モーターショー2019にてマツダの全く新しいEVが初公開される」というものでした。
以前の記事はこちら
マツダ、欧州各国で「EV」特集ページを公開: K-BLOG
EV車の形状については判明していません。
そして、情報元では気になる文が書かれていました。
The upcoming EV will be available in two forms — a full electric and a range extender. The full EV will target markets such as Japan, Europe and China, where an EV can get by with a shorter range. But the range extender is seen as necessary for North America and other markets where daily drives are much longer. The range extender is expected to be powered by a small rotary engine.
「機械訳」
今後のEVは、フルエレクトリックとレンジエクステンダーの2つの形式で利用できます。完全なEVは、日本、ヨーロッパ、中国などの市場をターゲットとし、EVはより短い範囲で対応できます。しかし、レンジエクステンダーは、毎日の運転がはるかに長い北米およびその他の市場に必要であると考えられています。レンジエクステンダーは、小型ロータリーエンジンを搭載する予定です。

情報元:Mazda plans to unveil full EV at Tokyo show(外部リンク)
純粋なEV車の投入は「日本」「ヨーロッパ」「中国」と予想しています。
ヨーロッパに関しては、環境規制に対応するために投入。
中国も同様で、こちらは長安マツダとの共同開発で2020年投入予定です。
11/8に報じられたマツダに関する情報をまとめてみました。 : K-BLOG
以前、日本経済新聞社が報じていました。
そして、とある中国の説明会でも電気自動車について説明が行われているようです。
中国版新型MAZDA3の情報と中国向け新エネルギー車について : K-BLOG
まだまだ全容は明らかにされていませんが、長安マツダがモーターとバッテリーでマツダがボディなどを手掛けるそうです。
この中国向けEV車は、来月発表されるEV車とどんな関係性を持つか気になりますねぇ。
そして、意外だったのが情報元では「日本」を含めています。
マツダが提唱する「well-to-wheel」の考えでは日本は該当しないように思えます。
どちらかというと、ロータリーエクステンダーEVですよね。
ただ、自国で試験的に発売されたら、面白そうです。
まだまだ予想の域を出ていませんが、これからどんな情報がでてくるのか楽しみですねぇ。