マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
今回は後部座席についてです。
mazda-cx-30_exterior_machine-grey_3_prev
画像:MAZDA
情報元:TEST DRIVE: Mazda CX-30 | PiataAuto.md - Site-ul lumii auto din Moldova(外部リンク)

情報元はモルドバの「PIATAAUTO」です。
マツダの新世代SUV「CX-30」の試乗記事が掲載されていました。
そこでいくつかの興味深いものが書かれています。

まずは「後部座席」について。
記事には「フロントシートを調整した後、187cmの人間が座っても膝と高さにいくらかの余裕が存在する」と書かれています。
201909-287ydtn-3WiVamSTbW
具体的に数値を記してくれると非常にわかりやすい。
大柄な人でも余裕があるのは良いですね。
CX-3では流石にキツイものがありました。
さらに上記画像をみると天井の形に空間を広くする工夫がありました。
座席部分、特に後部座席の天井はかなり凹んでいます。
これのおかげで「広い」と感じるのかもしれませんねぇ。
ぜひとも実感してみたい。

次に「各エンジンの試乗」です。
イタリアでの試乗会で、以下のものを試乗したそうです。
  •  2.0 SKYACTIV-G AT FWD
  •  2.0 SKYACTIV-X AT FWD
  •  1.8 SKYACTIV-D AT FWD
  •  2.0 SKYACTIV-G MT AWD
CX-30には16インチと18インチの種類がありまうが、全て18インチホイール。
ほぼ100kmの試乗で、SKYACTIV-Gの最高瞬間燃費は5.8l/100km(17.24km/L)、平均燃費は6.6/100km(15.15km/L)だそうです。
この記事では総評として「SKYACTIV-Gを選ぶのが一番合理的」としていました。
価格やスペックなど諸々考えるとGが一番コスパがいいのかもしれません。
また、ダイナミクスさを求めるなら「SKYACTIV-D」だそうです。
そして予算に制限のない方には「SKYACTIV-X」を勧めています。
どこの国でも「SKYACTIV-X」のスペックと価格は少し戸惑いがあるようですねぇ。
こればかりは実際に乗って、個人個人が判断しないとわかりません。
特に全くの未体験のエンジンであり、従来のエンジンと比べても意味がないかもしれませんしね。

日本でも12月に登場する「SKYACTIV-X」
まずはMAZDA3からですが、楽しみです。