マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
欧州では試乗会などが開催されて盛り上がっています。
今回は、個人的に気になった部分を調べてみたいと思います。
mazda_cx-30_girona2019_exterior_46_prev
画像:MAZDA
丁度良いサイズのCX-30(シーエックス・サーティ)
今後のマツダの主力となるSUVです。
色々と調べてきましたが、なんとなく気になっていた部分を復習を含めて調べてみました。

まずは、後部座席を倒している時と青内装です。
参考にさせて頂いたのはチェコの販売店です。
Mazda Ihned - vozy Mazda ihned k odběru(外部リンク)
こちらにはCX-30の外内装についての写真が掲載されていました。
20190905_121220-k00mwr34
20190905_122735-jzwnsj4o
20190905_122657-k02tkemw
画像引用元:Mazda Ihned - vozy Mazda ihned k odběru(外部リンク)
後部座席を倒さなくともかなり荷物が入りますが、座席を倒すとかなり広くなりますねぇ。
座席部分は多少の斜めになっています。
それでも一人で車中泊する分には充分なスペースがありそうです。
ただ6:4なので、長物を積み込むときは6の部分を倒さないといけません。
青内装は、着色部分がMAZDA3よりも多くてカラフルでお洒落。
窓ガラスへの映り込みがどうなのかが気になります。
センターコンソール部分のシュッとしたデザインが結構好きなんですよねぇ。

続いて、CX-3とCX-5の比較画像です。
参考にしたのは「avto Finance」です。
Je Mazda s CX-30 zadela magično formulo?(外部リンク)
こちらにはCX-30(SKYACTIV-X)の他に、CX-3やCX-5と一緒に映っている画像が掲載されていました。
Mazda-CX-30-1-5d70504185527-5d7050418eac4
Mazda-CX-30-6--5d7219af41858
画像引用元:Je Mazda s CX-30 zadela magično formulo?(外部リンク)
CX-30とCX-3は、車高がほとんど同じなのが良いですねぇ。
内部は広くなりつつも、コンパクトさが失われていません。
これは日本でも非常に活躍してくれそうです。
こうしてみるとCX-3のリアデザインは、他の魂動デザインとかなり印象が異なります。
攻めたデザインだったんですねぇ。
次にCX-5との比較です。
この写真をみると、CX-30がかなりコンパクトに見えます。
実際、数値上でも全体的に小さくなっていますからねぇ。
「CX-5ではちょっと大きすぎる」という方にジャストフィット。
それでいて、CXー5よりもワイド感のある雰囲気を持っています。
マツダとしては、現行CX-5の後継にCX-30を望んでいるようなので、そうなってほしいですね。
そして、次世代のCX-5は一体どんな進化を遂げるのか…。
気になります。

最後に「新世代マツダコネクトのバージョン」です。
CONNECT UPDATE FIRMWARE 7th Generation | Page 3 | 2004 to 2016 Mazda 3 Forum and Mazdaspeed 3 Forums(外部リンク)
こちらのCX-30を試乗したの方の書き込みによると、バージョンは「10042」だそうです。
本当かどうかは知りませんが、もし本当なら大分数字が進みましたね。
日本でも10月にコネクティッドサービスが始まるので、その際に上記バージョンくらいにまで更新されるのかもしれません。

以上です。
日本での発表前にかなり気になっている部分が解消されてきました。
嬉しさ半分寂しさ半分ですが…。
あとは試乗などをしてみたいですねぇ。
とにもかくにも発表が待ち遠しいです。