マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」
イギリスでは詳細が発表されました。
そんなMAZDA3(イギリス仕様)をよく見てみたいと思います。
mazda_cx-30_girona2019_exterior_22_prev
画像:MAZDA
情報元:The all-new Mazda CX-30 | Compact SUV | Mazda UK(外部リンク)

情報元は、マツダイギリスの公式ページです。
プレスリリースで情報公開後にCX-30のページが公開されました。
基本的なページ構成は、欧州の他国と同じデザインになっています。
個人的に気になったのが、「右ハンドル」です。
344c225428784790aa95d8735405e37d
64ea0862856040a194f564cd138594a4
935ee527c38642af9c9b92fcfce0c58d
画像引用元:The all-new Mazda CX-30 | Compact SUV | Mazda UK(外部リンク)
CX-30は、いつも左ハンドルばかりみているので、右ハンドルは新鮮です。
こうしてイギリス仕様が登場することで、日本投入も間近と感じますねぇ。
それと、エアコン操作パネル下には「CD/DVDプレーヤー」が設置されていました。
MAZDA3と同じ構造ですね。
ステアリングヒーターのスイッチが右についてるのもGOOD。

次に、カタログです。
こちらにも右ハンドルの画像がありました。
01

02
画像引用元:2123_Mazda_CX30_2019_C6_NEDC_UK-EN_WEB.pdf(外部リンク)
センターディスプレイでApple CarPlayで使用しています。
それと、WLTPの燃費数値が掲載されていました。
イギリスでは「SKYACTIV-G 2.0 M hybrid」と「SKYACTIV-X 2.0」のみが投入されます。
mpgとL/100kmで表記されているんですね。
もうひとつの単位も表示してくれるとありがたいなぁなんて思ったり。

他には、まだコンフィグレーターの操作はできないようでした。
今月20日にはオーストリアで発売、日本で発表。
その次の週には他の欧州各国でも次々に発売されるそうです。
ついにCX-30が本格投入ですね。
楽しみです。