先日、マイクロソフトが発売している「Surface Pro 6」を購入しました。
まだ使い始めて間もないですが、色々と戸惑った部分を書き記しておきます。
DSC07830

この記事は、別サイト「K-BLOG NEXT」から移設し再編集したものです。
過去(2019年2月頃)の話題なので、ご注意ください。


前回:Surface Pro 6 を購入しました。 : K-BLOG


SurfaceはモバイルPCでありがながら、タブレットとしても使用できる便利なデバイスです。
スペックもそれなりで動作もサクサク。
インターネットで調べものやブログ作成、写真編集などで使用する分には問題ありませんでした。
ただ、少しづつ色々な問題が出てきました。
以下の通りです。

  • 充電できない問題
  • USBを差し込むとデータが破損している問題
  • 表示が崩れる問題

まずは、「充電できない問題」です。
私は普段、Surface Dockに接続して使用しています。
ドック接続だと常に外部電源を利用しているので、電池残量の問題は心配ないはずです。
ですが、ある日、ドック接続時にsurfaceの電池残量を確認しているとなぜか減っています。
夜中など使用していないときの減った分かな?と思いましたが、電源を接続してるのにみるみる減っていきます。

不思議に思い、インターネットで検索してみると同じような事象が前世代の機種でもあったようです。
ただ、今回の問題はSurface本体にあるわけではなく、surface Dockに問題があるようでした。
そして、そのDock本体をソフトウェア更新できることを知り、さっそくやってみることに。
マイクロソフトが公開している「Microsoft Surface Dock Updater」を利用します。

Microsoft Surface Dock Updater (Surface) | Microsoft Docs(外部リンク)
UpdaterをSurface本体にインストールし、表示される指示に従って作業を進めていくことで更新が行えます。すべて英語で表記されますが、比較的簡単な英語なのでなんとか作業できます。

この作業の不満というか不安点ですが、ソフトウェア更新においてのバージョン表記が一切ありません。
Surface Dockの現在のバージョン、そして更新されるバージョン等が分かればよいのですが…。
とりあえず、更新作業を何回か繰り返して終了。
ついでに、surface本体もWindows Updateで最新の状態にしておきました。
すると、突然充電されなくなっていた現象が解決しました。
詳細な原因が究明できませんでしたが、治ったので良しとしましょう。


次に「USBメモリを差し込むとデータが破損している問題」です。
こちらも主にSurface Dockです。
Surface DockのUSBポートにSDカードなどの記憶媒体を接続すると、「データが破損しています。フォーマットしてください」と表示されていしまいます。
こちらはSurface Dockを更新後に発生しました。
他の機器に差し込むと認識されていたんですが、Surface Dockに差し込むとデータ破損が起こり、その後に他の機器に差し込んでも同様にデータが破損しています。
海で撮影してきた写真が消えてしまい、ショックでした。
色々と試してみたんですが、この現象が起こるときと起こらないときが非常に曖昧です。
ただ、SDカードを(変換アダプタを介して)Dockに差し込むと高確率で起こるようです。
こちらの解決策は、現在捜索中です。
もしかしたら変換アダプタのせい?
一応の対策として、本体のUSBポートに差し込んでいます。

最後に、「表示が崩れる問題」です。
Surfaceでwindowスタートメニューなどを表示する際に表示が崩れたり、表示されなくなります。こちらも起こるときと起こらないときがあり、再現性のない問題です。
ただ、実用に問題があるのかという言われるとそうではなく、問題なく使用できます。
ただ、これだけの機種にしてはちょっとがっかりします。
また、ソフトによっては表示が異常に小さくなったりと表示に関しては色々とソフト毎で設定が必要になります。
こちらは、プロパティ画面の「高いDPIスケールの動作を上書きします」を設定すれば解決しました。
高解像度というのは意外と厄介なものですねぇ。

以上が、購入してからの問題点でした。
USB問題が解決せず、もやもやしておりますが、それ以外は非常に快適に利用しています。
こういった問題を解決していくのも、こういったものを購入する楽しみの一つでもありますので、できるだけ楽しんでいきたいと思います。