中国市場にマツダの新世代商品商品群が投入されます。
ただし、全てを投入するわけではないようです。
9f52adf565f041f7ad352ad18b351e93
画像:MAZDA
情報元:全新马自达3取消了两厢版,将由全新CX-30替代硬核车评-管易新车网(外部リンク)

情報元では、長安マツダの内部情報として以下の情報を掲載しています。
  • 新型MAZDA3 ハッチバックモデルは投入しない
  • その理由は「CX-30」を投入するため
  • 中国仕様の「CX-30」は長安マツダが生産
  • 中国市場のCX-30のパワートレインは「SKYACTIV-G 1.5」「SKYACTIV-G 2.0」
  • 「SKYACTIV-X」は後日登場するかもしれない
信憑性はわかりません。
MAZDA3ハッチバックの替わりとなるのが「CX-30」になると書かれていました。
CX-4の替わりではないんですねぇ。
個人的にはCX-4→CX-30だと思っていました。
確かにMAZDA3とCX-30のインテリアなどはよく似ています。
そして、SUV人気ということもあり、ハッチバックモデルの売り上げというのも限られてくるのかもしれないので、販売面から見ればアリなのかもしれません。
ただ、新型MAZDA3の「売り」の一つでもあるハッチバックモデルが販売されないというのは少し寂しい面もありますねぇ。
特に開発陣は悲しんでるかもしれません。

中国市場では、これでSUVが「CX-3」「CX-4」「CX-5」「CX-8」「CX-30」と5種類も販売されることになります。
あとは「CX-9」が発売されれば全種類コンプリートですねぇ。
(台湾などでは発売されていますが…)
苦戦している中国市場。
なんとか盛り返してほしいですねぇ。