初代マツダコネクトにも「Apple CarPlay /  AndroidAuto」などの最新機能が「後付け可能」になりました。
今回はその「レトロフィットキット」に関することを書き記します。
cx5a
画像:MAZDA
マツダの販売店「東京マツダ販売足立営業所」がInstagramにレトロフィットキットに関する画像を公開しています。

こちらの画像に書かれている情報は以下の通り。
  • 既存のマツダコネクトでApple CarPlay /  AndroidAutoが利用可能
  • 価格は25,056円~46,040円(税込み)
  • ETCナビ連動の有無、自社位置演算ユニット有無等によって価格変動
価格はかなりの差がありますねぇ。
これはモデルによって取付パーツや手順が異なるので仕方ありませんね。
BM初期型アクセラなんかは全てのオプション(自社位置演算ユニット、ワイドFMなど)を取付た際にはほぼマックスに近い価格になりそうな気がします。
他にも、画面左下にはワイドFMについて書かれています。
「雑音が少なくクリアな音がお楽しみ…」
「悪い地域でも安心してAM放送が楽しめます」
初代マツダコネクトのラジオ音質は、正直あまりよくありません。
ワイドFMをオプションで取り付けてもFMの音質があまり変化がないのが残念です。
根本的な解決が欲しいですねぇ。

それと、引き続き沢山のお問合せ(メッセージ)を頂いております。
返信できず、申し訳ございません。
この場を借りて御礼申し上げます。
地域によっては「パーツの在庫切れ」や「整備予約が満員で取り付け予約待ち」などの事象が起こっているようです。
それだけ需要が高いんですねぇ。
早くこれらの問題が解決することを祈っています。

神戸マツダの件です。
8月5日に発表がありませんでした。
マツダが「8月5日」と「8月19日」に新世代の何かを発表? : K-BLOG
わざわざ画像が差し替えられたのは、このためだったのかもしれません。
マツダ公式FAQページでも「8月頃」と濁しています。
上記のパーツ欠品などで発表が延期されたのかもしれません。
ただ、東京マツダのように普通に宣伝している所もあるのが不思議ですね。
マツダの発表は統一性がなくて混乱します。

以上です。
マツダコネクトレトロフィットキットがついに登場。
マツダコールセンターに問合せてから長かったですねぇ。
【マツダコネクト】Apple CarPlay / AndroidAutoでの自車位置判定は車側?携帯側?≪追記≫レトロフィットについて: K-BLOG
これでマツダコネクトが見捨てられたというわけではなくなりました。
今後もこういった救済策を施してほしいですねぇ。