マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
欧州では発売が近づいてきました。
今回は、その新世代SUV「CX-30」の取扱説明書を読み解いてみたいと思います。
mazda-cx-30_exterior_machine-grey_4_prev
画像:MAZDA
情報元:Handleidingen en Video's | Mazda(外部リンク)

情報元は、マツダオランダです。
こちらで発売前のCX-30の取扱説明書が公開されていました。

さっそく読んでみます。
説明書で扱われるほとんどは新型MAZDA3と同じようです。
なので、気になる部分だけをピックアップしていきます。
まずは「右ハンドル」のCX-30のインテリアです。
00
000
画像引用元:MAZDA
現時点でよくみけかるのは左ハンドル車なので新鮮ですね。
細かい部分が多少違えど、操作などはMAZDA3と同じ。
今更気づいたんですけど、アクセルペダルとブレーキ、フットレストって左右対称になっているんですねぇ。
こんなところにも拘っているとは、さすがマツダです。
次に「ラゲッジルーム」についてです。
CX-30の注目装備といえば電動パワーリフトゲートです。
この機能は運転席下とキーにもボタンが用意されていました。
07

06
画像引用元:MAZDA

キーのボタンは「4」です。
5番は盗難防止用センサーのキャンセルキーなんだとか。
キーに沢山のボタンがあると興奮しますよね。
後部座席については「リクライニング機能」はなさそうです。
これは欲張りなのかもしれませんが、少し残念。
他の機能は、MAZDA3と大体同じなので割愛します。
続いて「SKYACTIV-X」についてです。
02
03
04
画像引用元:MAZDA
こちらはSKYACTIV-X用のエンジンカバーの開け方についてです。
エンジンルームはカプセル化しているのが特徴的ですねぇ。
試乗動画ではかなりの静粛性だったという感想を聞くので楽しみ。
次に「ガソリン粒子フィルター」についてです。
X
01
05
画像引用元:MAZDA
SKYACTIV-Xでは、SKYACTIV-D同様にPMを集めて除去します。
その際に警告インジケーターが表示されるそうです。
その表示はSKYACTIV-Dと同じのようですね。
この表示が点灯するときには以下の場合があります。
  • 車が短時間(30分以内)またはエンジンが冷えている時に繰り返し運転されている
  • 車が長時間アイドリング状態を続けている
この時の対処法としては「エンジンが十分に温まった状態(エンジン冷却水温80℃以上)で、アクセルを踏み、20km/h以上で約30分間走行して粒子を除去する」んだそうで。
ランプが点滅している場合は、異常に多くの粒子があるのでマツダの正規ディーラーへ持ち込む必要があるので注意が必要です。
こういったところは、SKYACTIV-D同様に注意しなければなりませんね。

今回はここまで。
ちょっとオランダ語を翻訳が厄介ですべてを読めていません。
時間がある時にコツコツと読んでいきたいと思います。

次回:新世代SUV「CX-30(オランダ仕様)」の取扱説明書を読み解く。(PART2) : K-BLOG