マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
ついにメディア向けの実車のレビューが解禁されました。
今回は改めて個人的に気になった部分を書き記していきます。
CX-30_Post_17_TW-1024x535
画像:MAZDA
まずはこちらの動画をご覧ください。

とても綺麗な画質の動画。
さらに細かい部分も説明しているのでわかりやすい。
素晴らしいですねぇ。
さて、気になる部分です。
まずは外観から。
06
元画像引用元:Mazda CX-30 2020 review – the best small SUV? - YouTube(外部リンク)
CX-30でも新世代の特徴である「移ろい」が表現されています。
サイドは、MAZDA3とは違う「S」を横にしたような移ろいが楽しめますね。
これはとても面白い取り組みです。
さらに気になったのはボンネット部分の緑色の矢印部分。
こちらでもグニョっと湾曲して見える部分があるんですよね。
これがまたエキゾチック。
MAZDA3でも似たようなラインがあるんですが、こちらは「V」のような鋭い感じ。
CX-30はグニョとなっているのが面白いんです。
(そう見えるのは私だけかもしれませんが…)
こういった部分に違いがあって非常に面白い。
続いて「魂動ウインカー」についてです。
07
画像引用元:Mazda CX-30 2020 review – the best small SUV? - YouTube(外部リンク)
本日公開されているどの動画でも、この部分に触れていないのが残念です。
CX-30の最大の特徴と言ってもいいんですが…。
唯一確認できるのが、このリアゲートを開ける時です。
ライトが消灯する際にジワっと消えていくのが良いですね。
将来的には商品改良でMAZDA3にも搭載されたら面白いそう。
ラゲッジルームは非常に広々としているのもGOOD。
08
画像引用元:Mazda CX-30 2020 review – the best small SUV? - YouTube(外部リンク)
後部座席を倒すと少し斜めになるのは、従来と変わりなさそうです。
一人で車中泊なら大丈夫そうですね。
次に内装へ行きましょう。
01
02
画像引用元:Mazda CX-30 2020 review – the best small SUV? - YouTube(外部リンク)
こうしてみると、センターディスプレイがいかに埋もれているかよくわかります。
MAZDA3ではディスプレイ前面はせりあがっていないので、まだ見た目的にもそれほど窮屈ではありませんでした。
タッチパネルでないにしろ、後部座席からの見え方が気になります。
そして、ドリンクホルダー奥の小物入れの上の方になにか突起物があるのは何に使用するのでしょうか?
こうどうでもいいところばかり気になってしまいます。
シフトレバー周辺で気になったのは「スポーツモード切替スイッチ」がないこと。
BM初期のアクセラを思い出します。
次に、後部座席です。
0305
04
画像引用元:Mazda CX-30 2020 review – the best small SUV? - YouTube(外部リンク)
後部座席もゆったりと座れそうです。
スピーカーの位置もMAZDA3と同様ですね。
座った際にちょうど頭の部分Cピラー?というのでしょうか、その部分が重なりそう。
どういった景色になるのか気になります。
そして、MAZDA3にはなかったエアコン風吹き出し口。
運転席等にある吹き出し口とは違い、従来型と同じ作りになっていました。
最後にリアアームレストはカップホルダーのみ。
USB充電やリアシートヒーターなどの設定はなさそうです。
最上級モデルには装備されてもいいのではないかと個人的には思ったり。
ここら辺の調整は、今後の商品改良で行われるのかもしれませんね。

以上です。
改めて、外で見るCX-30は印象が違いますね。
黒い樹脂部分についても段々と良さがわかってきました。
車内もゆったりしており、必要十分なスペースが確保されています。
ファミリーユースには持って来いなクルマになりそうです。
デザイン性に特化したMAZDA3、機能性重視のCX-30と選べるマツダの新世代商品。
面白くなってきました。