中国市場に商品改良型のMAZDA6が登場しました。
デザインや機能などが一新され、新世代へと近づいてきました。
今回は、MAZDA6(中国仕様)のリアオーナメントについてです。
15_mallorca_2018_new_mazda6_still_sedan_prev
画像:MAZDA(上記は海外モデル)
前回:中国市場用 商品改良型MAZDA6(阿特兹:ATENZA)が発表されました。 : K-BLOG

中国での車名は「MAZDA6 阿特兹 ATENZA」となっています。
MAZDA6という名前を単体で使用するわけではなく、「ATENZA」という名称も残されています。
グローバルに統一すると思っていましたが、意外でした。
当然、MAZDA6のリアオーナメントも両方が記載されています。
新フォントで「ATENZA」となっており、下にはSKYACTIVバッジのような「MAZDA6」という名称がチラリと見えます。
「ATENZA」という新フォントオーナメントはかなりレアですねぇ。
これはコアなアテンザファンの方は、取り寄せて付け替える人がいるかもしれません。
それにしても中国市場はオーナメントが多いですね。
計4つも張り付けられています。
次におまけですが、前回気になっていた「スポーツモード」についてです。
1562773826509712
やはりなさそうですね。
意外です。
燃費等の関係なんでしょうか?
こうして色々な国の仕様を調べていくと、本当に細かく設定されています。
様々な事情があるのでしょうけども、大変そうですね。