マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
欧州では予約注文が開始されました。
さらに、イタリアでは技術シートが公開されたので見てみます。
CX-30_Post_15_TW-1024x535
画像:MAZDA
情報元:Nuova Mazda CX-30 | Mazda IT(外部リンク)

情報元は、マツダイタリアの公式ページです。
前回のオーストリアに続き、イタリアでも予約注文が始まったようですね。
CX-30特集ページには技術シートが公開されています。
01
画像引用元:SCOPRI IL LISTINO | Mazda IT(外部リンク)

今回、気になるのは寸法です。
上記画像に以下のように記載されていました。

全長(mm):4,395
全幅(mm):1,795(ミラーなし)
全高(mm):1,540
ホイールベース(mm):2,655
前部トラック(mm):1,565
後部トラック(mm):1,565
トランク容量(L):430 / 1,406*
BOSE®システム搭載型荷物収容量(L):422 / 1,398*
*後部座席を折りたたんだ状態

ジュネーヴで発表された参考値と変更はありません。
後部座席を折りたたんでの収容量が書かれているのは珍しいですねぇ。
BOSEを搭載すると8L少なるようです。
コンパクトSUVでこれだけの容量があれば十分ですねぇ。
なかなか機能性を秘めたクルマになりそうです。
他に、この技術シートにはSKYACTIV-Xの情報も記載されていました。
最高速度は204km/h、0-100kmは8.5~9.2秒。
燃費もなかなか良さそうですね。
そんなイタリア仕様のCX-30(Xは除く)は2019年9月中旬頃に納車されるようです。
SKYACTIV-X搭載車は翌月である10月頃を予定しています。

さて、日本仕様はどうなるのか気になりますねぇ。