ひょんなことから購入した「マルマイン」
所有すればするほど、マルマインの持つ底知れぬ魅力に引き込まれていきます。
今回は、そのマルマインのぬいぐるみの魅力について書き記したいと思います。
DSC00354
マルマイン購入した経緯についてはこちら
映画を観るため、ぶらり横浜へ : K-BLOG

今では膨大な数のポケモンが存在します。
私自身は、初代~金銀クリスタルまでしか知りません。
その中でも異質な魅力を放つポケモン、それが「マルマイン」です。
一応ですが、マルマインとは何かというと以下の通り。
すこしの しげきに はんのうしてばくはつする。
バクダンボールというあだなで こわがられて いる。 
初代から登場するボールポケモンです。
圧倒的な素早さは、他の追随を許しませんでした。
ポケモン図鑑によると大きさと重さはなかなかにあるんですよね。
そして、丸みを帯びたボディとシンプルなご尊顔。
一体どんな体の構造をしているのか気になります。

さて、ポケモンフィット「マルマイン」の魅力を語っていきましょう。
DSC00355
寸法をざっと計測すると、高さは約8cm、幅は約9cm、奥行きは約9cmとなります。
形はきれいな球体ではなく、バフンウニのような形をしています。
手のひらサイズでちょうどいいんです。
ちょうど良い形でおもむろにニギニギして癒されてしまうんですよ。
お手玉にもできてしまいます。
そんなマルマインを色々な角度から見てみましょう。
▼正面
DSC00350
▼横
DSC00351
▼後ろ
DSC00352
▼上面
DSC00353
写真で見ると、斜めに傾いているように見えます。
しかし、これは白と赤の境界線が地面に対して平行ではなく、微妙に斜めになっているからです。
マルマインのニヤッとした表情を表現するために上手く造られています。
さらに、このマルマインの最大の特徴は「転がっても起き上がる」ことです。
GIFを用意したのでご覧ください。
タイトル
マルマイン下部に重りが仕込まれているため、何回落としても勝手に起き上がります。
ここには製作サイドの拘りを感じます。
小さなぬいぐるみですが、色々と細かい部分を造り込んでいるんですよねぇ。
このマルマインを購入して以来、常にマルマイン先生に見つめられながら生活しています。
おかげで色々な作業が捗るようになりました。
様々な好影響を与えてくれるマルマイン先生。
是非とも一家に一匹を。