中国市場向けに発売されているSUV「CX-4」
前回、変更されたフロントバンパーらしきものの画像が出回っていました。
今回はそのフロントバンパーを実車に取り付けているものが登場しました。
P1J12370s
画像:MAZDA(上記画像は現行型)
★注意
この記事に書かれていることは信憑性はありません。


前回:2019年モデル「CX-4」のフロントデザイン?: K-BLOG

どうも怪しいフロントバンパーですね。
これをおそらくですが、現行型CX-4に装着している画像が公開されていました。
500_ChsEe10PAOSACPyWAAGy6exsD90473
500_ChsEm10PAOaAMZ7RAAExed5Nq-4317
500_ChsEnV0PVAmAd7-pAAHHqk3vbiQ526
現行型と並んでいる画像まで掲載されています。
細くなったヘッドライト。
その下に回り込んでいるシグネチャーウイング。
そして、丸いフォグランプがなくなりました。
こうしてみると、新世代の要素を取り入れていますね。
ヘッドライトをよく見てみるとCX-30でもMAZDA3でもない造りに?
500_ChcCRV0PAOeABjuzAADcC9Omp_w742
500_ChsEnF0PVAiAUdjgAALcWOdOTpE255
ヘッドライト内のフロントグリル側に横一線の光る部分がありますね。
そして、ウインカーはやはりフォグランプがあった部分の横線でしょうか?
はたして、これは今年改良されるCX-4なのでしょうか。
謎が深まるばかりです。
2019商品改良CX-4は11月発売という噂なので、ちょっと早い気がします。
もしかしたら他社製のカスタマイズ用品かもしれません。
それはそれでいい味を出していると思います。
こういったのは、中国は本当に盛んですねぇ。