マツダの新世代商品第二弾「CX-30」
丁度いいサイズのコンパクトSUVということで期待が高まっています。
今回は、マツダチェコで公開されているカタログを見てみます。
CX-30_Post_17_TW-1024x535
画像:MAZDA
情報元:Zcela nová Mazda CX-30(外部リンク)

情報元は、マツダチェコのCX-30特設ページです。
こちらにカタログのリンクが設置されています。
カタログ自体は6ページと簡易版となっていますが、基本的なスペックが記載されていました。
さっそく見ていきましょう。
1
画像引用元:NOVÁ MAZDA CX-30 CENÍK(外部リンク)
チェコでのエンジンラインナップは以下の通り。
  • SKYACTIV-G 122
  • SKYACTIV-X 180
  • SKYACTIV-D 116
全てにAWDが用意されています。
グレードというかパッケージングでは「Paket Sound」「Paket Style」などが用意されており、装備の選択の幅はかなり広いようです。
ベースグレードでの16インチは、フランスなどと一緒のようですね。
ここで以外にも新発見?なのが「LEDヘッドライト」についてです。
装備の一覧の中に以下の記述がありました。

 原文:Adaptivní LED světlomety (20 segmentů)
 翻訳:アダプティブLEDヘッドライト(20個のセグメント)

CX-30は20個のセグメントで構成されているようです。
他にも上級装備群(STYLEなど)になると「光沢のあるB/Cピラー」などが装備されるそうで、上位グレードとベースグレードで結構外観の見え方が異なってくるのかもしれません。
それと、フランスのカタログで書かれていた「KODO Turn」という記述がなく、チェコでは「LED方向インジケーター(機械訳)」としか書かれていませんでした。

次に、スペックについてです。
2
3
画像引用元:NOVÁ MAZDA CX-30 CENÍK(外部リンク)
3種類のエンジンについてや寸法など、色々と書かれています。
SKYACTIV-Xについても書かれているのはありがたいですねぇ。
個人的に一番嬉しいのが「寸法」です。
訳してみると、こんな感じです。

長さ:4,395 mm
幅、ルームミラーなし:1,795 mm
幅、ルームミラーを含めた幅:2,040 mm
高さ:1,540 mm
ホイールベース:2,655 mm
トランク容量、VDA、5席:430 dm^3
トランク容量、VDA、2席:1,406 dm^3
ホイールサイズ16インチ:215/65 R16
ホイールサイズ18インチ:215/55 R18

ちなみにですが、1 dm^3(立方デシメートル)=1 L(リットル)です。
こういった情報は意外と新鮮です。
ありそうでなかったのもありました。
ただ、このカタログでは一部のボディカラーについて触れていますが、詳細が書かれていません。
不思議なカタログですね。

少しずつですが、わかってきたCX-30
日本仕様はどうなるのか気になりますね。