個人的にお気に入りな場所「東京ディズニーシー」
ハマってからというもの行くペースが上がって参りました。
今回は、新たな楽しみ方を模索するためにまったりと歩いてみたいと思います。
DSC09340
前回:数年ぶりに行く「ディズニーランド」を楽しむ。(前編) : K-BLOG

なぜか先週にもディズニーランドへ行っていました。
今回は別途用事があって訪れたので、そのついで新たなる楽しみ方を模索します。

2019年5月15日 08時30分
出発。
前回のランドでは通勤時間に重なり、激混みしている電車も若干落ち着いていました。
満員電車は体力を持っていかれますからねぇ。
順調に進んでいき、有楽町駅に到着。
今回は京葉線に有楽町乗り換えで行ってみました。
有楽町駅の有人改札口の位置を把握しているのであれば、圧倒的にこちらの方が早いですねぇ。
京葉線に乗り換え、舞浜駅へ到着。
今日は平日なんですが、すごい人の数。
なぜ?
シーまでは徒歩で移動して、到着。
さて、用事を済ませつつ今回の目的を達成していきましょう。
入場ゲートをくぐると、シーはイースター仕様に。
DSC09014
DSC09015
そして、プロメテウス火山の周りはメンテナンス中のようです。
さらに日が出てきたこともあり、気温が上がってきました。
これはなかなか歩くには辛そうな天候ですねぇ。
とりあえず、別途のお仕事をしつつ散策です。
メディテレーニアンハーバーには、色とりどりの花々が咲いております。
DSC09026
DSC09027
ディズニーの素晴らしい所は、園芸部門も非常にこだわっている所です。
何気ない歩行路でもこういった手入れがされているので、ただ歩いているだけでも楽しいですねぇ。
私は花の名前などはわかりませんが、見るだけでも十分楽しい。
アメリカンウォーターフロント方面をみてみると、青空と夏の雲が。
DSC09020
DSC09021
DSC09022
一つの場所で様々な景色を眺めることができます。
古き良きを知るにはうってつけな場所ですね。
知的好奇心が刺激されます。
そして、来るたびに「ホテル・ハイタワー」の異質感には驚き。
本当に面白い造りをしています。
ニューヨークの街並みを遠巻きに楽しみながら、「ケープ・コッド」へ。
アメリカの田舎町を再現しているこのエリアはとても穏やか。
DSC09130
DSC09125
目印となる灯台もお洒落。
灯台の下はベンチなどもあり休憩スペースになっています。
この場所から見る景色もなかなか綺麗なんですよね。
DSC09128
アメリカン・ウォーターフロントの埠頭に停泊中の「S.S.コロンビア号」の姿も。
煙突部分が改修中なのが少し残念ですが、それはそれで味があります。
撮影している横ではカラスが日光浴していました。
DSC09127
園内にカラスってなかなか珍しいですよね。
スズメやカモ、鳩なんてのは結構見かけますが、カラスは珍しいような。
さて、時間はお昼。
お腹が空いたので、ご飯を食べることに。
前々から行ってみたかった「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」へ。
DSC09036
こちらのレストランは、ロストリバー・デルタにあります。
いつもは通り過ぎてしまってなかなか入ったことがありませんでした。
ここでは「スパイシースモークチキンレッグセット」を購入。
DSC09031
DSC09030
チキンとポテト、ソフトドリンク(S)がセットになったメニューです。
ちょっぴりスパイシーなチキンが非常にジューシー。
店内は2階建てになっており、1階部分は川を眺めながらゆったりとしたスペースがありました。
意外や意外、このレストランは非常に空いていました。
なので、非常にまったりと過ごすことが出来ました。
この場所はおすすめです。
室内席からはクリスタルスカルの魔宮を眺めることができます。
DSC09033
これはなかなか贅沢な時間を過ごすことが出来ました。
体力も全回復したので出発です。
ここら辺はアトラクションがありませんが、小物が沢山配置されているので歩いているだけで楽しい時間を過ごすことが出来るお気に入りスポットです。
DSC09038
DSC09193
DSC09195
DSC09117
小物も本格的に造り込まれていますね。
こういったのが何気なく飾られているのが、本当に贅沢。
いつ来ても変わらない質感というのには毎回驚かされます。
さらに橋を渡ってジャングルの奥地へ向かいます。
途中には水上複葉機が放置されています。
DSC09118
「C-3PO」と書かれたこの機体は、ジョーンズ博士が使用していたものとか。
色々とネタが仕込まれているのが面白いですね。
飛行機の奥にある草が生い茂ったあたりに新エリアに繋がる道ができるそうですね。
DSC09121
アナと雪の女王などをコンセプトとした新エリア。
非常に楽しみですねぇ。
ロストリバー・デルタ奥地へ来ると、人、人、人。
今日は学生の姿が多いため、学生服姿の人であふれています。
このエリアは絶叫系アトラクションが多いので、若い人に人気ですよね。
そそくさと退散しましょう。
去り際に魔宮を一枚パシャリと撮影。
DSC09039
恐ろしく急な階段です。
次は「マーメイドラグーン」へ。
DSC09159
シーでは唯一の室内エリア。
夏場や雨の日などに重宝しますが、このエリアはお気に入りの一つ。
まずは幻想的な海の底をイメージした室内デザイン。
DSC09046
照明なども非常に凝っており、海藻などと一体感が出ております。
さらにお気に入りポイントは「音楽」です。
名曲の「Under The Sea」や「Part Of Your World」などが聞き放題。
特に「Under The Sea」は聴いていると心躍るメロディですね。
これを聴くためにこのエリアに行っています。
ディズニーの凄い所はこうした「名曲」の多さにもあります。
曲の他にもキャラクターやら全てにおいて所有しているのは強い。
さて、一通り楽しんだので次に「ミステリアスアイランド」へ。
DSC09103
プロメテウス火山の麓をにあるこのエリア。
一時期テレビ番組で話題になりましたね。
某アイドル事務所の方が、このエリアのこだわりを紹介していました。
DSC09190
吹き出す蒸気など細部までこだわっているこのエリア。
火山を研究されている方も絶賛のようです。
個人的に気になったの切削機の下部。
DSC09189
下から水が定期的に滴り落ちているんですね。
これは切削する際の冷却用の水でしょうか?
もしそうなら本当にこだわっていますねぇ。
先端部のドリルも回転したら完璧です。
このエリアのアトラクション「海底二万マイル」と「Journey To CenterOf The Earth」は人気が高く、本日の待ち時間がとんでもないことになっていたので退散。
一度センターオブジアースのQラインだけを見学したいんですよねぇ。
あそこにも様々な小物が置かれており、知的好奇心を掻き立てます。
ちなみにですが、「海底二万マイル」の調査艇ってこれなんですね。
DSC09187
いまさら気づきました。
さて、メディテレーニアンハーバー方面へ向けるとホテルミラコスタがみえました。
DSC09048
こうしてみても面白いですね。
全て繋がっている一つの建物なんですが、それぞれが独立しているかのよう。
目の錯覚とは面白いです。
新アトラクション「ソアリン」も絶賛工事中でした。
DSC09086
柵が低く中を覗けてしまうんですが、ヘルメット姿の妖精さんたちが一生懸命に働いていました。
夢の国はこうしてつくられているんですねぇ。
ヒト is パワー
さて、ブラブラしていると甘い物が食べたくなったので購入。
DSC09139
「抹茶」と「巨峰」のダブルです。
ここはいつも人気で行列が出来てるんですよね。
確かに美味しい。
ただ、ショーの最中はなかなか会話が伝わらないのがネックです。
近くにはきれいな花が飾ってありました。
DSC09140
こうしてみると、本当に豊富な種類の植物が植えられています。
お金かかってますねぇ。
次に「アメリカン・ウォーターフロント」へ行き、毎度おなじみの「ニューヨーク・デリ」へ。
ここでは誘惑に負けてアルコールを摂取することに。
DSC09054
DSC09051
ビアカクテルです。
疲れた体に身に沁みます。
ついでにチーズケーキも頼んじゃいました。
DSC09053
チーズケーキ、大好きなんですよ。
甘いお酒に甘い物ですが、個人的には全く問題なのでよい休憩になりました。
こうしてまったりと過ごせるのもシーの良い所です。
このレストランにはまったりとしているお客さんが比較的多いように思えます。
こういう空間も大事ですよね。
さて、水分補給したので「タワー・オブ・テラー」を楽しむことに。
DSC09144
シーで一番好きなアトラクションです。
絶叫系というのが楽しいんですが、何よりも造り込まれたバックストーリーと建物や小物のデザインです。このアトラクションは知れば知るほど楽しめるアトラクションですね。
「ハイタワー三世」の正体をしるとより楽しめます。
DSC09165
DSC09166
Qラインには色々なストーリーが仕込まれており、飽きさせません。
正直、一つのアトラクションにここまでこだわっているとは思いませんでした。
こういったのに惹きつけられるんですよねぇ。
ちなみに今回は、2階からエレベーターへ搭乗しました。
1階から少し違うのが面白い。
外に出ると、ここでも植えられている植物が個性的でした。
DSC09143
タワーオブテラーに合わせた毒々しい色合いなお花。
うーんこだわりが凄い。

後編へ続く
ディズニーシーの新たな楽しみを見つけるために(後編) : K-BLOG