2019年、マツダの新世代が幕開けしました。
その先駆けに「ALL NEW MAZDA3」「CX-30」が発表されました。
今回はその両者のフロントカメラについて思うことを書き記します。
mazda-cx-30 (5)
画像:MAZDA
まずは新世代SUV「CX-30」のフロントカメラについてです。
マツダドイツのInstagramアカウントがCX-30の画像を公開しています。

フロントカメラが写っています。
新型MAZDA3と同様にマツダエンブレムの上に位置しています。
ちなみに、新型MAZDA3のフロントカメラはこちら。
キャプチャ2
画像引用元:NEW Mazda 3 Hatchback - YouTube(外部リンク)
同じ部分にありますね。
実際に、MAZDA3でどう映るのかはこちら。

frontcamera
フロント部分の死角が映るように、かなり下向きになっています。
これのおかげで、死角が多いマツダ車でも安心して運転できますね。
CX-30では、MAZDA3よりも車高が105mm高いのでもう少し見え方が違ってくるのかもしれません。
MAZDA3:1,435 mm
CX-30:1,540 mm  (参考値)
個人的には、MAZDA3の画角は少し下向きすぎなような気がするので、CX-30での見え方が気になっています。
CX-30を早く実物を見てみたいですねぇ。