当ブログも3年ちょっとが経ちました。
節目節目でこういった事を書き記していますが、今回はせっかくなので時代が変わった節目で書いてみたいと思います。
DSC05343
時代は、平成から令和へ。
日本の歴史が変わる瞬間をリアルタイムで経験できるとは思いませんでした。
どんな時代になるかはわかりませんが、良き時代にしていきたいですね。

さて、ブログを3年続けてきての感想です。
当ブログの当初の目的は「旅の記録」でした。
そして、それだけに留まらず、興味のある事も津々浦々と書き記していきました。
最近はもっぱら違うこと事ばかり書いていますね…。
これでいいのか?という自問自答を繰り返すこともありますが、自分が気になったことを調べてその結果を残しておきたいという欲望を消化してくれているので、そういった意味合いではよかったと思っています。自分自身を縛り過ぎて、何もできなくなるよりは何か行動を起こしていた方が将来に繋がると考えています。
ただ、方向性は見失わないように。

ブログを始めてから、様々な場所へ行きました。
恥ずかしながら、旅をしつつ、いわゆる「自分探し」をしていました。
己を知り、自分自身を変えたいと願いつつ悩んだ時期があります。
最近、やっとそのことに関して答えらしきものがわかったような気がします。
まだ、曖昧ですが…。

自分自身を知り、認めて、許す

私が辿り着いた一つの答えです。
まず、自分がどんな人間かを知る必要があります。
それが自分の理想とする人間なのかそうでないかは関係ありません。
ただ、どんな人間なのかを知ることが出来ればいいんです。
そして、そんな自分自身を認めるだけ。
時に自分自身があまりに惨めな人間に思えましたが、逆立ちしたって自分は自分。
それはそれで「しょうがない」と考えるようになりました。
どうしようのないものは、どうしようもないんです。
この言葉を納得させるのにかなりの年月を要しました。
昔は「正義感」という名のもとに、自分勝手な事をしていました。
それに気づくことが出来て今はホッとしています。
そして、ひとつひとつ自分というものを理解していき、その後に対策を考えるようになりました。

その都度、考える

私は、自分自身の過去の経験を最重要視し、遠い未来のあるかわからない恐怖に怯えていました。「あの時失敗したから…」「ああいう未来になったらどうしよう」など、様々な不安や恐怖がふと思い浮かぶことがありました。
その感情から消極的になったり、他の人のせいにしたりすることがありました。
それが決して悪いことだとは思いません。
人間ですから。
でも、そうしていたってあまり意味がない時間を過ごすことになると個人的には思います。
過去は過去、未来は誰にもわかりません。
現在を生きる私にとって必要なのは「今を後悔せずに生きるにはどうすればいいのか?」ことだと学びました。
それには、その都度考えていく必要があります。
毎度毎度考えるのはめんどくさいですが、それが一番大事なんだと思います。
時代は常に流れていき、人々の考えは大きく変化していきます。
その都度考えることで、今を知り、それが自分自身の未来へと繋がっていくのかもしれません。

自分が出来る部分だけ考える

今まで悩んでいた大部分はココでした。
自分を知り何が出来て何が出来ないかを理解すると、自分が考える必要のないことが分かってきます。自分が絶対に出来ないことはどう頑張ってもできないんです。
絶対に出来ないことをずっと悩んでいました。
それは解決しないなぁと今では思います。
自分自身、出来うることは少ないです。
それでもやれることを、一生懸命に淡々とこなしていくしかありません。
やれそうなことには、どうしたら出来るようになるかを「都度考えて」地道にコツコツとやっていくことがどんな人生でも大切だと学びました。
ただ、地道にコツコツやっていくのは非常に難しいですね。
これが出来ず、自分自身の苦労を他人に押し付けたり、他人と比較しても何もできません。
昔の自分はそうでした。
若い頃に必要だったのは、悲惨な事実や人の闇の部分を知る事よりも「基礎学力の向上(勉強)」でした。自分自身のスキルアップが必要だったんですね。
それを怠り、何かを知った気でいたような気がします。
あの悲しみを繰り返さないためにも自問自答を繰り返し、自分できることを常に考えていこうと思いました。

以上、3年間ブログや旅、そしてTwitterを通して学んだことです。
極めて個人的な解釈なので人それぞれ考え方が異なり、全ての人に受け入れられないかもしれませんが、私自身はこの答えに行きつきました。
当たり前のようなことのように感じましたが、これを理解するのに数年かかりました。
学生時代にこの考えにたどり着きたかったなぁと思ったりしましたが、これもまた人生です。
残りは後悔のない人生を送りたいと思います。