マツダの新世代商品第一弾「MAZDA3」
今回は、欧州仕様に装備されている特徴的な機能について学んでみたいと思います。
503089
画像:MAZDA
前回:新型MAZDA3(欧州)の説明書を読み解く(SKYACTIV-X編) : K-BLOG

前回に引き続き、マツダUKの取扱説明書を使用します。
欧州仕様では「Emaergency call system」が搭載されています。
ECS

ECS3

何らかの重大な危機に瀕した場合、車内に搭載されている「Emergency call switch」を押すことでコールセンターに連絡、その後警察や救急などに通報を行ってくれるシステムです。
日本でも最近のクルマに搭載されているのを見かけますね。
また、エマージェンシーコールスイッチはルームライトのところにあります。
ECS2

また「Mazda ERA-GLONASS」という名称が書かれています。
ECSG
説明自体はECSと同じことが書かれています。
次に「Adjustable Speed Limiter(ASL)」についてです。
LIM2
LIM

自車速度を制限できる機能ですね。
こういった機能は日本でぜひとも採用してほしいなぁと思ったり。

次にマツダコネクトです。
欧州仕様にはCD/DVDが利用可能になっています。
mzd
日本仕様でも引き続き使用可能になっています。
UKのマツダコネクトの取扱説明書も見てみたいですねぇ。
M hybridの画面などの専用画面の説明が書かれているといいですが、そういったのは大体マツダコネクトの搭載されている「電子オーナーズマニュアル」に記載されているのが残念なところです。