ニューヨーク国際オートショー2019にて、マツダは北米仕様のCX-5ディーゼルエンジン搭載モデルを発表します。
それに先駆けて、EUプレスリリースが発表してしまっていました。
20190417-cx-5
画像:MAZDA
情報元:Mazda announces CX-5 diesel sales start in North America(外部リンク)

情報元は、マツダEUプレスリリースです。
「SKYACTIV-D 2.2」ディーゼルエンジンを搭載、より高い燃費と環境への配慮、高トルクなどの様々な運転する歓びを提供すると書かれています。
また、これによって「SKYACTIV-D 2.2」がすべての規制を通過したとのこと。
Mazda worked closely with all proper federal and state agencies to ensure that the Mazda Skyactiv-D 2.2-litre engine meets the region’s strict emission standards and passes all appropriate regulations.
[機械訳]
マツダは、すべての適切な連邦および州の機関と緊密に協力して、Mazda Skyactiv-D 2.2リットルエンジンが地域の厳しい排出基準を満たし、すべての適切な規制を通過するようにしました。

ついにマツダの夢が、また一つ叶いました。
これによって、どの国でもマツダのディーゼルエンジンを楽しむことができるようになったようですね。
前回の記事でチラリと外観がお披露目されました。
マツダUSAが「CX-5 Diesel」をニューヨーク国際オートショーで発表か : K-BLOG
装備内容なども気になりますね。
そんなCX-5ディーゼル(北米仕様)は日本時間今夜に発表される予定です。