マツダの新世代商品第一弾「MAZDA3」の特別先行内見会へ行って参りました。
携帯電話で撮影した写真をすっかり忘れていました。
今回は「番外編」と称して、残り物を掲載していくことにします。
DSC08372


「ALL-NEW MAZDA3北米仕様車 特別先行内見会」の本編はこちら。
前編:ALL-NEW MAZDA3北米仕様車 特別先行内見会へ(外装編) : K-BLOG
中編:ALL-NEW MAZDA3北米仕様車 特別先行内見会へ(マツダコネクト編):K-BLOG
後編:ALL-NEW MAZDA3北米仕様車 特別先行内見会へ(内装編) : K-BLOG
おまけ:ALL-NEW MAZDA3北米仕様車 特別先行内見会へ(おまけ) : K-BLOG

番外編というだけあって、大した内容ではありません。
まずは、新型MAZDA3のサンバイザー部分についてです。
59491d78
91edd307
現行アクセラではバニティミラーの横にあった照明は新型では天井に移動しました。
そして天井に装着されていたETCは、運転席横の小物入れ部分に移動。
どうやら天井にETCが装備されていると熱でダメになってしまうケースが多かったようです。
個人的にあの場所は気に入っていたので残念です。
ただ、新しい移設場所でも全く問題ありません。
それと、サンバイザーは右側が少しだけ伸びる仕組みになっています。
ここまで至れり尽くせりの機能ならアテンザに負けていません。
本当に現行アテンザと変わらないくらいのスペックです。
続いては、「ドア」です。
ebb76d54
675e7f29
なぜ撮影したかは覚えていませんが、残っていました。
何かの参考になれば。
最後に「gracenoteのアップデート」についてです。
02ba9024
f8161387
67888310
新世代マツダコネクトでもgracenoteの更新が行えます。
どうやって更新するんだろう?と気になって弄ってみました。
「Update」という項目を選択すると「gracenoteの更新はできません」と表示されるだけでした。
USBメモリに更新ファイルを入れてからではないとだめなのでしょうか?
ちなみに「更新履歴」でバージョンなどを確認ことが出来ます。
履歴がわかるのは良いことですね。
他にも新世代マツダコネクトでは、gracenoteのON/OFFも可能なのが嬉しい所。

以上です。
新世代マツダコネクトはまだまだ奥が深い。
特に日本仕様はかなり独特なものになりそうです。
海外などの本体更新方法なども気になりますし。
今後のマツコネの動向が楽しみです。