マツダの新世代商品第一弾「MAZDA3」
マツダオーストラリアは公式ページで詳細を公開しています。
今回は、それをよく見てみます。
gaisou
画像:MAZDA
情報元:Next-Gen Mazda3 has arrived | Mazda Australia(外部リンク)

情報元は、マツダオーストラリアです。
ついに、プレページから正式なページへと更新されました。
あいかわらずの映像を多用したグラフィカルなページデザインです。
ただ、映像のMAZDA3は非常にかっこよさが伝わってきます。
さて、オーストラリア仕様について見ていきましょう。
まずは外内装のカラーについてです。
1
画像引用元:Next-Gen Mazda3 has arrived | Mazda Australia(外部リンク)
ハッチバックが8色、セダンが7色というラインナップです。
欧州との違いは、アークティックホワイトがないだけですね。
内装色はこのようになっていました。
2
画像引用元:Next-Gen Mazda3 has arrived | Mazda Australia(外部リンク)
オーストラリアのサイトでは、360度みることができます。
内装では珍しいですねぇ。
どの見た目も違いが色ぐらいなのがすごい。
エンジンラインナップはこちらの2種類。
3
画像引用元:Next-Gen Mazda3 has arrived | Mazda Australia(外部リンク)
2.0L、2.5Lの2種類のガソリンエンジンが投入。
本当にM hybridは欧州専用なんですねぇ。

そして、ハッチバック/セダン両方のカタログも公開されています。
新しい画像が沢山登場していますね。
その中で良いと思った画像がこちら。
4
画像引用元:Next-Gen Mazda3 has arrived | Mazda Australia(外部リンク)
シフトの持ち方がそそれらますね。
バックカメラ&360°ビューモニターも右ハンドル仕様になっています。
さらに、カタログにはオプション品が掲載されています。
5
6
7
画像引用元:Next-Gen Mazda3 has arrived | Mazda Australia(外部リンク)
流石、アクセサリに定評があるオーストラリアです。
豊富なラインナップに加えて独自性がでています。
オーストラリアお馴染みの「KUROI SPROTS PACK」もありますね。
そしてペダルは青色のアクセサリに。
スマートフォンホルダーもちゃんと新型仕様になっている驚き。
このスマートフォンホルダーはぜひとも欲しいアクセサリです。
世界中のマツダの中でもオーストラリアは本当に一線を画していると感じます。
日本でもこういった面白いアクセサリなどが欲しい所です。

次回:新型MAZDA3(オーストラリア仕様)をよく見てみる。PRAT2 : K-BLOG