マツダの新世代商品に搭載されている「新世代マツダコネクト」。
今回は新世代マツダコネクトの謎を解き明かすべく、マツダUSAで公開されている取扱説明書を読み解いてみましょう。
mzdconnect
画像:Mazda
情報及び引用元:Mazda Owners - Vehicle Manuals, Guides & Maintenance Schedules | Mazda USA(外部リンク)

マツダUSAで公開されている2019 Mazda3 Owner's Manualを参考にしています。
ちなみにですが、ナビゲーションについては以前記事にしました。
新世代マツダコネクト純正ナビ取扱説明書を読み解く。 : K-BLOG
今回は、新世代マツダコネクト本体の取扱説明書になります。

それでは本題に入ります。
まずは、新世代マツダコネクトのおさらいです。
1
画像引用元:2019 Mazda3 Owner's Manual | Mazda USA
新世代マツダコネクトでは車載情報からエンターテイメントまでの様々な機能を有する車載インフォメントシステムです。また、音楽や映像、ラジオやCD、Bluetooth接続でスマートフォンに接続することができます。
基本的には、従来のマツダコネクトと同じ機能を有していますね。
ただ、大きく異なる部分では「映像出力」が可能になっています。

video2
video
画像引用元:2019 Mazda3 Owner's Manual | Mazda USA

新世代マツダコネクトでの映像出力は「USB接続のみ」のようです。
注意書きには以下のことが書かれていました。
  • USBメモリを車両のUSBポートに接続してビデオを再生できます。
  • USBビデオとして接続されているデバイスをBluetooth®オーディオとして本機に同時に接続しないでください。さもなければ、デバイスは正常に動作しないか、または予想通りに動作しない可能性があります。
  • SDカードリーダーまたはUSBハブをUSBポートに接続しないでください。カードに書き込まれた音楽の再生はサポートされていません。ナビゲーションシステムも使用できなくなる可能性があります。また、マウスやキーボードを接続しないでください。 
  • SDカードスロットはナビゲーションシステム用です。ナビゲーションシステムを使用するには、ナビゲーションシステム用のマツダ純正SDカードを挿入する必要があります。音楽ファイルが保存されているSDカードを挿入しないでください。
  • USB 2.0 / 1.1規格に準拠したデバイスを使用できます。 USB 3.0標準製品でも、デバイスがUSB 2.0と互換性がある場合は、USB 2.0デバイスとして使用できます。 デバイスの接続USBケーブルを使用してUSBオーディオデバイスを車両に接続します。 プラグをUSBポートの穴に垂直にして差し込みます。
  • USBメモリーを使用しているときは、保存ファイルの容量と数によっては、再生が開始されるまでに時間がかかることがあります。
  • ビデオの再生は、Apple®製品以外のUSBメモリおよびUSBオーディオデバイスと互換性があります。
SDカードスロットは「ナビ専用」、USBポートはUSB3.0には対応していないようです。
スマートフォンの画面をミラーリングする機能などはないようなので、基本的な使用方法はUSBメモリに映像ファイルを保存して利用することになるんですね。
最近はスマートフォンからストリーミング配信動画などが主流なので、使いどころが難しい所ではありますが、旧マツダコネクトから一応の進化をしています。

ちなみにですが、マツダコネクト本体のUSBに関する注意事項は以下の通り。
  • FAT16およびFAT32にフォーマットされたUSBメモリがサポートされています。
  • (FAT16)最大ファイルサイズ:2 GB最大ボリュームサイズ:2 GB
  • (FAT32)最大ファイルサイズ:4 GB -1バイト最大ボリュームサイズ:2 TB(セクタサイズが512バイトの場合) 
  • NTFSなどの他のフォーマットにフォーマットされたUSBメモリはサポートされていません。
  • 1つのUSBデバイスで再生可能なファイルの最大数は9999ファイルです。また、1つのフォルダで再生できるファイルの最大数は255ファイルです。
  • USB 2.0 / 1.1規格に準拠したデバイスを使用できます。 USB 3.0標準製品を使用しても、デバイスがUSB 2.0と互換性がある場合は、USB 2.0デバイスとして使用できます。
  • 本機は著作権保護されたファイルを再生することはできません。
  • 機器に保存されている音楽データの順番が再生順と異なる場合があります。
  • 単一ポートの最大電流は2.5 Aです。これ以上の電流を必要とするデバイスが接続されている場合、デバイスは正常に動作しないか、充電されない可能性があります。
  • パスワードで保護されたデータは再生できません。
USBポートの最大電流は2.5Aと記載されていました。
旧マツダコネクトよりも進化していますね。
USBメモリに関しては、映像と音楽での使用がメインとなりそうです。
音楽ファイルの対応リストがこちら。
music
画像引用元:2019 Mazda3 Owner's Manual | Mazda USA
定番のMP3からFLACが対応しています。
新型MAZDA3は音響が素晴らしいので、ぜひとも素晴らしい音源を用意したいところです。
さらに、新世代マツダコネクトでは「gracenoteのON/OFF設定」や細かい「サウンド設定」も可能になっています。
gracenote

sound

画像引用元:2019 Mazda3 Owner's Manual | Mazda USA
gracenoteをオンオフ切り替えることが出来るのは嬉しいですよね。
旧マツダコネクトは強制的に適用されて、謎のアルバムアートが表示されていましたから…。
またオーディオ設定も色々弄って、どうかわるのかを試してみたくなります。

とりあえず、以上です。
まだまだ新世代マツダコネクトについて書きたいのですが、長くなったのでまた他の機会に記事にしてみたいと思います。
0から作り直したという「新世代マツダコネクト」
説明書を読んでいるだけでワクワクします。