マツダの新世代商品第二弾「CX-30」
コンパクトSUVとしては絶妙なサイズだと思います。
個人的に気になったので、他社のコンパクトSUVと大きさを比較してみました。
cx30
画像:Mazda
今回比較対象に選んだのは、以下の車種です。
  • トヨタ CH-R
  • ホンダ  VEZEL
  • マツダ CX-3
選考理由は「個人的に街でよく見かけるSUV」だからです。
CH-RとVEZELは、街を歩いていると大体見かけますよね。
CX-3は参考程度というかおまけに載せておきました。
さっそく、簡単に調べた結果がこちらになります。
conpe
CX-30は欧州仕様、それ以外はすべて国内の各社公式サイトより諸元表をもとに作成しました。
(数値が間違ってたらすみません)
VEZELに関しては、グレードによってサイズが微妙に異なるらしいので2枠使用しております。それにしてもVEZELは「コンパクトSUV」に相応しいサイズですねぇ。
それでいて車内は広々としており、これは売れますわ。
CH-Rも室内空間を確保しつつ、寸法もできるだけ抑えていますね。
以前青森旅行でレンタルしたんですが、運転していてちょうどいいサイズでした。また、室内も「狭い」という印象もありませんでした。
なかなか良くできた車だなぁと。
そして、マツダのCX-30です。
全長とホイールベース以外は、他と遜色ありません。
こうしてみると、CX-30のサイズ感がイメージしやすくなりました。
これはなかなか絶妙なサイズですねぇ。
室内の質感も向上しており、コンパクトSUVの中では売りの一つにできそうです。
あとは実際にこの目で見てみないとわかりそうにありません。

日本では「コンパクト」が求められる状況が多いので、マツダにとってもこのCX-30は重要な役割を担いそうです。マツダ自身も新たな基幹車種にしていきたいと発言していました。
今後のコンパクトSUV市場が面白くなりそうですね。