マツダの新世代商品群に搭載されている「新世代マツダコネクト」
今回は、純正ナビゲーションの気になることを書き記します。
NEWMAZDACONNECT
画像:マツダ
前回:新世代マツダコネクト純正ナビ取扱説明書を読み解く。 : K-BLOG

前回は、マツダUSAで公開されていた取扱説明書を読み解きました。
機能面でいろいろと観ましたが、今回はSDカードと地図データについてです。
まずは、SDカードについて。
取扱説明書には以下のことが書かれています。
SD card/map updates Map and data stored on the SD card can only be modified using the special Mazda Toolbox application. All details concerning the Mazda Toolbox application and the method for updating the maps can be found on your local Mazda website.

SDカード/地図の更新SDカードに保存されている地図とデータは、特別なMazda Toolboxアプリケーションを使用してのみ変更できます。 Mazda Toolboxアプリケーションと地図を更新する方法に関するすべての詳細はあなたの地元のMazdaウェブサイトで見つけることができます。
引用元:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manualより
北米仕様の新世代マツダコネクト純正ナビは、従来のマツダコネクト同様、「Mazda Toolbox」を利用して地図データの更新を行うようです。
そして、国内仕様では車載通信装置を利用した「差分更新」が可能という話を聞きました。
新型MAZDA3(日本国内仕様)について : K-BLOG
北米仕様と日本仕様では更新方法も異なるのでしょうか?
日本でも更新ツールがあるという噂を聴いたので、詳細はどうなのかわかりません。
日本仕様は、通信回線での更新とSDカードを直接更新の2択を選べるのでしょうか?
気になります。

次に、地図データについてです。
北米仕様の純正ナビは「HERE」の地図データを利用していると説明書に書かれていました。
「HERE」とは?
GPS navigation map updates for vehicles and portable devices(外部リンク)
HEREのページには「三菱」「SUBARU」「スズキ」などの名前がありますが、マツダの名前はありません。
今回の新世代マツダコネクト純正ナビの地図は高精細で見やすそうなので、使い勝手がよさそうです。
日本仕様は異なるかと思われますが、同程度のクオリティが期待されるので楽しみですねぇ。