マツダの新世代商品群に搭載されている「新世代マツダコネクト」
今回は、海外で公開された取扱説明書を読み解いてみたいと思います。
NEWMAZDACONNECT
情報元:Mazda Owners - Vehicle Manuals, Guides & Maintenance Schedules | Mazda USA(外部リンク)

マツダUSAの公式サイトでは、2019 MAZDA3 SEDANの説明書各種が公開されています。
車両の取扱説明書に関しては、以前紹介しました。
新型「Mazda3」の取扱説明書シリーズまとめ : K-BLOG
また、マツダコネクトの取扱説明書も以前からメキシコで公開されていました。
メキシコマツダで取扱説明書を公開中 : K-BLOG

今回は、初公開となる「純正ナビ」の取扱説明書を見ていきます。
新世代マツダコネクトの純正ナビでは、従来同様SDカードが別途購入が必要で、SDカードを車両に装着するとナビが使用可能になります。
地図表示に関して以下のように書かれています。
Map The navigation system works with digital maps which are not simply the computerized versions of traditional paper maps. Similarly to paper road maps, the 2D mode of digital maps show you streets, roads, and elevation by colors. In 3D mode, you can see the altitude differences, for example valleys and mountains, elevated roads, and in selected cities 3D landmarks and 3D buildings are also displayed. You can use digital maps interactively: you can zoom in and out (increase or decrease the scale), you can tilt them up and down, and rotate them left and right. In GPS-supported navigation, digital maps facilitate route planning. 
[機械訳]
地図ナビゲーションシステムは、伝統的な紙の地図を単純にコンピュータ化したものではないデジタル地図で機能します。 紙のロードマップと同様に、デジタルモードの2Dモードでは、通り、道路、標高が色で表示されます。 3Dモードでは、谷や山、高架道路などの高度の違いや、特定の都市では3Dのランドマークや3Dの建物も表示されます。 インタラクティブにデジタル地図を使用することができます。ズームインとズームアウト(スケールを拡大または縮小)したり、上下に傾けたり、左右に回転させることができます。 GPSでサポートされているナビゲーションでは、デジタル地図がルート計画を容易にします。
引用:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manualより
地図表示は、3Dと2Dと主に2種類があるようです。
☆3D表示
3D
画像引用:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manual
☆2D表示
2D
画像引用:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manual
これらは「Setting」画面で変更が可能です。
setting2
画像引用:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manual
3D表示は見栄えは良いものの、都会に行くとごちゃごちゃしてしまいそうですので、こういった切替えげできないと使い勝手が悪くなりそうですよね。他にも、3Dビルディング表示のON/OFF設定があるので、3D表示しながらも邪魔な立体物を非表示にできるようです。
また、気になる項目もありました。
「トンネルビュー」モードです。
setting
画像引用:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manual
これは、BMアクセラ乗りの方には懐かしいかと思われます。
あの「トンネルビュー」が新世代でも引き続き利用可能になっていました。
海外では一般的なのでしょうか?
日本仕様ではどうなるかはわかりませんが、ここはマツダのこだわりですねぇ。

次に、「ボイスコマンド」についてです。
voice
画像引用:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manual
取扱説明書には上記のコマンドが記載されていました。
意外と少ないですね。
新世代マツダコネクトでは、目的地検索機能が強化されました。
新型MAZDA3(欧州仕様)の新世代マツダコネクトとナビの新機能と改良点 : K-BLOG
音声システムに関しても改良が施されており、「割り込み」や「ワンショットコマンド」が搭載され、検索システムもweb検索と同じようにキーワードを入力して検索することが出来ます。
キーボードもHMIコマンダーを利用したものになっており、入力のしやすさを向上。
keyboad
画像引用:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manual
(日本語版はどのようになるかは不明です。)
このように、音声機能や検索機能が向上されました。

さらに、メニュー画面も分割表示で見やすくなっています。
menu
画像引用:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manual
常にマップをみながら設定が行えるのは便利ですね。

海外版(主に北米)で限定の機能についても書かれています。
  • Traffic information in route planning
  • Speed limit warning
  • SiriusXM Travel Link (Traffic Plus, Weather Radar)
 SiriusXMは有料サービスですね。
交通情報や天気(雨雲レーダー)などを表示することが出来るそうです。
交通情報とそれに沿ったナビルート検索は非常にありがたい機能ですねぇ。
ただ天気情報は、便利の機能なのかそれともスマートフォンで十分ではないのか?
そんな疑問は浮かびますが、どうなのでしょうか?

最後に、以下のことが書かれています。
Terms and Conditions Personal Use Only: You agree to use this Data together with Panasonic’s CMU for the solely personal, non-commercial purposes for which you were licensed, and not for service bureau, time-sharing or other similar purposes. 
[機械訳]
ご利用条件個人使用のみ:あなたはこのデータをパナソニックのCMUと一緒に、あなたが許諾された個人的な非営利目的のために使用することに同意します。
引用:2019-mazda3-sedan-navigation-owners-manualより
パナソニックという文字が沢山出てきます。
世界共通でパナソニック製のようですね。

以上です。
海外仕様ではありますが、だいぶいろいろな情報が判明してきました。
あとは実際の使用感を試してみたいですねぇ。
深化したマツダコネクト。
非常にうれしい話ですが、旧型マツダコネクトのケアについては気になるところです。
Apple CarPlay /  AndroidAuto追加キットの話もまだまだこれから。
はたして、どうなっていくのでしょうか?