マツダの新世代商品群第二弾「CX-30」
ジュネーブオートショーで世界初公開されたこの新世代SUV、写真や映像だけではサイズ感がつかみきれません。
個人的に気になったので、現行車と比較してみました。
mazda-cx-30 (3)
画像:マツダ
今回比較したのは「全長」と「全幅」です。
CX-30と比較する車種は、「CX-3」「CX-5」「MAZDA3」です。
全て欧州仕様となります。
また、CX-30の数値はマツダのプレスリリースで公表している暫定値のため、今後変更がある場合があるので注意してください。
他の数値も間違っている可能性があるので、ご注意を。
※図にあるクルマの画像は、正確な寸法ではありません。

さっそく、全長を比較してみましょう。
cx-30zenchouhikaku
左から全長が短く、右へ行くほど全長が長くなっていきます。
CX-3よりも長く、MAZDA3 HBよりも短いんですね。
それにしても、MAZDA3セダンは全長が長いんですねぇ。
SUVと比べるのはあれな気がしますが…。
中国専売のCX-4は4,633mmらしいので、全くサイズが違いますね。

続いて、全幅を見てみましょう。
habacx30
CX-3よりも幅が広く、MAZDA3(ハッチバックとセダン)と同じ車幅です。
また、CX-5と比べると随分と幅が狭いですね。(CX-4は1,840mm)
日本の機械式駐車場などでも十分適応できる車幅です。
全高はCX-3と同じでなので、全く問題ありません。
こうして改めて比較してみると、CX-30は様々な人が求めていた「ピッタリサイズ」なのではないかと思います。コンパクトながらも大人4人がゆったりと乗れるサイズ。
CX-30のメインターゲットは「家族」です。
この絶妙なサイズは、ヨーロッパや日本では売れるかもしれませんねぇ。
逆にCX-3は今後、2人が乗ることに特化していくようなモデルになっていくのかもしれません。そうすることで一応の住み分けはできますしね。
CX-3の今後も気になりますが、ラージ群への代表モデルに抜擢されたCX-5の進化も気になります。