マツダの新世代商品第二弾「CX-30(シーエックス サーティ)」
今回は、同じ新世代商品であるMAZDA3との比較を色々としてみたいと思います。
02-mazda-cx-30_v
画像:Mazda
前回:新世代SUV「CX-30」をよく調べてみる part3 : K-BLOG

CX-30が発表され、ざっと見て「MAZDA3とほとんど一緒かぁ」なんて思っていたら、様々な部分が異なっていました。
適当に見てるとだめですね…。
それではさっそく内装を比べてみましょう。
cx30mazda3
画像:Mazda
上図が新型MAZDA3、下図がCX-30になります。
CX-30では、センターディスプレイが囲まれています。
囲まれている分、視界が遮られそうですが、実際のところどうでしょうか?
高さが確保されているのでしょうか?
また、ドアへと連続しているデザイン部が異なっていますね。
MAZDA3では、バーガンディ内装などではライン上に着色されていましたが、CX-30ではダークブラウンが贅沢に使用されています。
これはなかなか豪華ですねぇ。
さらにエアコン吹き出し口(運転席側)の形も異なっています。
助手席側の部分は、CX-30の方は高さがありますね。
ドアのスピーカー部もだいぶ異なっています。
全然違いますねぇ。

おまけで、MAZDA3にCX-30の樹脂部分を無理やりつけてみました。
mazda3suv
画像:Mazda
上図がMAZDA3(樹脂部分追加)、下図がCX-30です。
側面の光の反射が違うだけでも、結構印象が異なります。
また、こうしてみるとMAZDA3の窓面積は小さいですねぇ。
それだけデザイン性重視しました。
CX-30は後方視界を確保しつつ、SUVらしさが出ています。
似ているようで、全く異なるデザインでした。

勝手にMAZDA3と同じという思い込みをしていました。
CX-30のデザインに目が慣れてきて、だんだんとカッコよさもわかってきました。
これから少しづつCX-30の魅力をより深く探していきたいと思います。

次回:新世代SUV「CX-30」をよく調べてみる part5 : K-BLOG