マツダの新世代商品第二弾「CX-30」
ジュネーブオートショーで発表されてから日が浅いですが、色々な情報が出てきています。
今回は、CX-3の今後やCX-30の発売時期(海外)などについてです。
P1J16520s
画像:マツダ
まずは、CX-3の今後についてです。

情報元:マツダ新型「CX-30」は「CX-3」後継ではなかった! 他のCXシリーズとなにが違うのか | くるまのニュース(外部リンク)

情報元の記事によると、マツダ関係者が以下のように述べています。
 また、驚くことに、マツダの関係者から教えられた「このCX-30が発売されたあとも、CX-3は消滅するのではなく継続販売される」という販売計画。車名の異なる2台が併売されるのですから、たしかに“別の車種”といえます。
CX-30はCX-3とは異なるユーザー層を想定しています。
CX-30のターゲットは「ファミリー層」という考えを基に設計されています。CX-3では前席中心の設計だったのを、CX-30では大人4人がゆったり乗れ、かつコンパクトなSUVというコンセプト。
CX-3より少し大きくCX-5よりもコンパクトな完全新型SUVなんだそうです。
なので、今後もCX-3も販売は行われるようです。
ということは、新世代CX-3も近いうちに見ることができるのでしょうか?
楽しみですね。

次に、ヨーロッパ以外の発売時期についてです。
Mazda's local division has confirmed with CarAdvice the CX-30 will "definitely" come to Australia, with a launch planned for 'sometime' in 2020.
【機械訳】
マツダの地元部門は、CarAdviceにCX-30が「間違いなく」オーストラリアに来ることを確認し、2020年に「いつか」の発売が予定されています。
オーストラリアの「CarAdvice」では、発売時期は2020年と報じています。
CX-30は、ヨーロッパで今夏発売予定です。
ということは、ヨーロッパ以外では基本的には2020年に発売されるのでしょうか?
ちなみにヨーロッパではSKYACTIV-Xが6~7月に登場するという話がありましたが、発売が遅れるという話も出てきています。
スペインでのSKYACTIV-Xの発売は遅れる? : K-BLOG
この話がスペインだけなのかどうかはわかりませんが、もし仮に本当だとしたら、CX-30も2.0Gと1.8Dを先行投入ということになるのかもしれませんね。

最後に、CX-30のネーミングについてです。

LOVECARS!TV!さんが開発主査とデザインチーフにインタビューしています。
そこで、ネーミングについて少し語られています。
  • CX-3とCX-5の間の新しいSUVとして
  • 社内でもいろいろ意見があった
  • 「4」という話も
  • 話し合った結果「30」
  • CX-5がモデルチェンジしても50になるわけではない。
  • 十の位にするという命名ポリシーがあるわけではない。
CX-5の件は、みなさん気になるところですよね。
今後もマツダは斜め右上をいく考え方をしていくと思うと、いろいろ楽しみです。