マツダの新世代商品群第二弾「CX-30(シーエックス サーティ)」
全く新しいデザインの新世代SUVです。
今回はちょっと気になる部分について。
pre_2nd_gallery_14
画像:マツダ
ジュネーブオートショー2019にて、マツダの新世代SUV「CX-30」が世界初公開されました。
デザインよりも名前に驚いてしまい、発表当時は放心状態でした。
このCX-30は、クーペのような美しさとSUVのような力強さを表現しています。
新世代SUV「CX-30」をよく調べてみる。 : K-BLOG
力強さを表すのが主に樹脂部分です。
こちらが純正のCX-30です。
P1J16529s
画像:マツダ
とても太い樹脂部分で力強さを表現していますね。
確かにSUVっぽいですし、タフな感じが出ています。
しかし、ちょっとクーペのような美しさが薄れてしまいます。
ちょっとだけ、ボディー部(赤)を下げてみることにしました。
zzs
元画像:マツダ
かなり適当な編集はご勘弁ください。
こうすると、CX-4の雰囲気が出てきましたねぇ。
クーペSUV 感が強くなった気がします。
他にもかなり適当ですが、側面の樹脂部分をなくしてみました。
coupe
元画像:マツダ
こうすると、MAZDA3感が強くなりSUVが薄れてきた気がします。
こういったのは、個人の好みによるので正解はわかりません。
兎にも角にも、マツダの商品は「実際に見てみない」とわかりません。
実物をみると、樹脂部分の違和感も消えてくるかもしれませんねぇ。
早く実物を見てみたい。