マツダの新世代商品群第二弾「CX-30(シーエックス サーティ)」
この新世代SUVは「毎日の中に新しい発見や刺激を感じ、それを大切な人と共有することで人生を豊かにしてほしい」をモットーに開発した、全く新しいコンパクトクロスオーバーです。
今回は、じっくりと調べてみましょう。
P1J16532s
画像:マツダ

前回:マツダ新世代SUV「CX-30」の詳細について : K-BLOG

前回は、マツダUSAのプレスリリースから色々と読み解きました。
今回も前回と多少被る部分がありますが、ご了承ください。

まず、こちらの補足から行きたいと思います。
まず、CX-30のサイズについて図に表してみました。

☆CX-30(欧州仕様)の寸法(暫定値)
全長:4,395 mm
全幅:1,795 mm
全高:1,540 mm
ホイールベース:2,655 mm
最低地上高:175 mm
フロントオーバーハング:915 mm
リアオーバーハング:825 mm
sunpo2

全長は、CX-3よりも120 mm長く、CX-5よりも150 mm短いです。
全幅は、CX-3よりも30 mm広く、CX-5よりも45 mm狭いです。
全高は、CX-3と同じ、CX-5よりも150 mm低いです。
ホイールベースは、CX-3よりも85 mm長く、CX-5よりも45 mm短いです。
こうして比較すると、絶妙な寸法だとわかります。
全高がCX-3と同じで全幅が30 mmの違いは、機械式駐車場を意識した寸法なのではないでしょうか?

CX-30の特徴として「大人4人がしっかり乗れる空間を確保し、ゆったりとくつろいで頂ける」というのを全面的に押し出しているのも、CX-3のような取り回しの良さを残しつつ、CX-3の「狭い」という評判を改良したいという開発陣の想いが伝わってくるような気がします。

また、CX-30の開発主査は佐賀尚人氏、デザインチーフに柳澤亮氏が担当してます。
柳澤氏は「デミオ」や「CX-3」のデザインチーフでもありました。
ただ今回のSUVは「CX-3の後継機」ではなく、「新型MAZDA3のクロスオーバー」という位置づけなのではないかとも感じ取れます。そういった意味で、新世代では今までと考え方が変わっているのではないでしょうか?
CX-30のデザインコンセプトは「Sleek & Bolds」。
伸びやかなクーペの美しさと大胆なSUVの力強さという相反する2つの表情を実現しています。
ボディ下部の幅広のクラッディングで大胆にブラックアウトすることで、極めてスリムで伸びやかなクーペのようなプロポーションを演出しています。
P1J16529s
画像:マツダ
深化した魂動デザインの3要素「余白」「移ろい」「反り」の考え方のもと、書道の筆使いの動きである「溜めと払い」をCX-30の造形テーマに設定。S字型に揺らめきながら映り込む「移ろい」を表現しています。
soku
画像:マツダ
面の動きのみで突き詰めることで、アートとしての美しさと生命感を感じさせるデザインとなっております。
また、キャビン後半から大きく張り出したリアフェンダーと、リフトゲートのアーチ状のくびれ造形によって艶めかしくも迫力のあるリアエンドを形成し、スポーツカーのようなワイドでダイナミックなスタンスを実現。
mazda-cx-30aa
画像:マツダ
インテリアデザインは「間」の考え方に基づいているそうです。
メーターフードを起点に、助手席のドアトリムまで美しく伸びるカーブを描く、ウイング状のフード造形を採用。また、ウイング状にはステッチをあしらい、上質さを演出。
2019_CX-30_017
画像:マツダ
mazda-cx-30 (1)
画像:マツダ
インテリアカラーには、シックな大人の世界を表現するダークブラウンと、モダンで知的な世界観を醸し出すダークブルーの色をラインアップ。
ダークブラウン内装にはブラックまたはピュアホワイトの本革シートを設定。
ブラックのシートはパーフォレーションの穴の断面にアクセントカラーとしてブラウンをあしらい、上質感を表現。
ダークブルー内装では、ファブリックシートのグレージュとブラックを用意。
前後シートともにフロントコンソールやセンターアームレスト、ドアアームレストの幅を広く確保。全乗員の着座位置を最適化し、前席からは後席を振り向きやすく、後席から前席乗員の横顔が見やすく設計されています。

ラゲッジスペースは、荷室容量430L、開口幅は1,020 mm、開口部高さは731 mm。
ベビーカーやキャリーバックなどを同時に積載できるサイズを確保しています。
また、ワンタッチでリフトゲートの開閉ができるパワーリフトゲートを設定。ダンパーのギアとケースの樹脂化により静粛性も向上しています。

乗り降りに関しても改良を加えています。
最低地上高を高く設定しながらも、ヒップポイントの高さを適正化して、乗降性を向上。
Bピラーやクッション形状を最適化し、体格の大きな人でも乗り降りが楽になりました。
Cピラーの断面を小さくすることで、クォーターウインド越しの後方視界を確保。
P1J16528s
画像:マツダ
車線変更や駐車場などでの振り向いた際の死角を小さくしました。

ステアリングのテレスコピックも合計で70mmの調整幅があります。
また、8.8インチのセンターディスプレイ&HMIコマンダーも搭載。
オーディオシステムもMAZDA3同様の3ウェイ構成。
他にもMAZDA3同様の安全装備を搭載しています。

Youtubeでもさっそく動画が公開されています。

ウインカー(フロント)の光り方やパワーリフトゲートが確認できる動画です。
また、違う動画では後部座席を確認できます。

こちらでもパワーリフトゲートの確認ができます。
また後部座席のアームレストも確認できました。
シートヒーターのスイッチがないように見えますが、はたして?
ウインカー(リア)の光り方もかなり特徴的ですね。
ドクンドクンいっているような光り方をします。
長くなったので、ここら辺は次回解説してみましょう。

次回:新世代SUV「CX-30」をよく調べてみる part2 : K-BLOG