マツダの新世代商品群第二弾「CX-30」
ジュネーブオートショー2019で世界初公開されました。
そのCX-30の詳細を書き記しておきます。
mazda-cx-30 (4)
画像:マツダ
情報元:2019 Geneva Auto Show Press Information - Mazda CX-30 | Inside Mazda(外部リンク)

情報元は、マツダUSAのプレスリリースです。
まずは、CX-30の概要です。

ボディタイプ:ステーションワゴン
座席定員:5人
全長×幅×高さ:4,395mm×1,795mm×1,540mm
ホイールベース:2,655mm
エンジン:
SKYACTIV-G 2.0
SKYACTIV-D 1.8
SKYACTIV-X
トランスミッション:
6速オートマチックトランスミッション
6速マニュアルトランスミッション
フロントサスペンション:MacPherson strut
リアサスペンション:トーションビーム
ステアリングタイプ:Rack-and-pinion
ブレーキ(前後):Vented discs/solid discs
タイヤ:
215 / 65R16
215 / 55R18

まずはヨーロッパ向けに発売されるようです。
このプレスリリースではヨーロッパ仕様について語られています。

次に現行CX-3とCX-5とのサイズ比較です。
comp
この「CX-30」は、コンパクトクロスオーバーだそうです。
マツダはCX-30で提供する4つのものを挙げています。
  • 行きたい場所へ行けるジャストフィットサイズ
  • デザイン
  • キャビンの広さ
  • リラックスした乗り心地
あらゆる道や駐車場に適応できるサイズ、そしてMAZDA3に搭載した新技術を余すところなく使用し、安全でストレスフリーな乗り心地を提供してくれます。さらに、魂動デザインフェイズ2を取り入れ、人々を魅了するエレガントなスタイリングを表現。
MAZDA3でもあったように、側面の「移ろい」が日常生活さえも美しく見え、所有者の想像を豊かにしてくれます。
soku
画像:マツダ
エンジンラインナップは、SKYACTIV-G 2.0 M hybrid、SKYACTIV-D 1.8、SKYACTIV-Xの3種類を用意しており、電動化技術にも対応。

CX-30のチーフデザインは、柳澤氏。
今回のデザインコンセプトは‘Sleek & Bold’に基づいて、クーペのような流れるような美しさを表現してます。
また、新しいデザイン言語「Charge and Release」を用いています。
これは日本の書道で使用されている筆文字から派生したもので、進化したKodoデザインテーマの3つの重要な要素、すなわち余白の美しさによって美しい曲線を表現しています。
さらに、LEDターンシグナルは力強く発光後に徐々にライトダウンしていき、”脈動する生き物”のような独特の点滅を行います。
cx30
画像:マツダ
下部が光るようです。
ついに、あの脈動するような光り方が実装されるんですねぇ。

ボディカラーは9色を用意。
ソウルレッドやマシーングレー、ポリメタルグレーも含まれます。

インテリアデザインでは、シフトパネル周辺の2層成形の部分には、スモークグレーのパネルとメタリック模様が刻まれています。
またインテリアカラーには、ダークブラウンとダークブルーの2種類のアクセントを用意。
ダークブランでは「ブラック」「ピュアホワイト」の本革を利用可能。
ダークブルーでは「Greige」「Black」で用意しているファブリックまたはレザーレット。
後部座席には、ワイドアームレストとドアアームレストを搭載。
低い床と高い天井でゆったりとしています。

荷室スペースは430リットル。
リフトゲートの開口部の幅は1,020 mm 
リップの高さは731 mm
重たい荷物などを容易に積み下ろしできます。
パワーリフトゲートも搭載。

他にも新型MAZDA3に搭載された機能をすべて搭載。
CX-3の後継機というよりも純粋にMAZDA3のクロスオーバーのようです。
プレスリリースには詳細に書かれていますので、ぜひ一度原文もお読みください。