マツダの新世代商品第一弾「MAZDA3」
北欧フィンランドにて、価格表が公開されていました。
SKYACTIV-Xの記述もありました。
mazda3_hb_soulredcrystal_still-16_prev
画像:Mazda
情報元:Uusi Mazda3 - Mazda(外部リンク)

情報元は、マツダフィンランド新型MAZDA3のページです。
「新しいMAZDA3の価格表をダウンロードする」と書かれたところから価格表をダウンロードすることができます。
フィンランドではハッチバックとセダンの両タイプと、エンジンラインナップは「SKYACTIV-G」「SKYACTIV-X」の2種類のみが記載されています。
「SKYACTIV-D」の記載はありませんでした。
そして、価格表には「2.0(181 hv)SKYACTIV-X」と記載されています。
2.0と記載されているのは、なかなか珍しいですねぇ。
ハッチバックにのみAWD(MT/AT)が用意されており、価格は未定。

他に気になったのがインテリアです。
今更気が付いたんですが、Aピラーは基本的に「黒」なんですね。
inte
引用元:2019-02-20-uusi-mazda3-hinnasto.pdf(外部リンク)
白内装以外の黒内装と赤内装のAピラーは黒色でした。
Aピラー周辺も色を統一することで、内装デザインはかなり引き締まりますね。
日本仕様の低グレードではどうなるか気になるところです。
それにしてもバーガンディ内装、すごくおしゃれ…。
ぜひとも欲しい内装色ですねぇ。

フィンランドでは、MAZDA3を正式公開する前に招待制のイベントを行うようです。
最近のマツダはこういったイベントが多いですね。
マツダの目指している「プレミアム」というのは、こういうことなのでしょうか?