マツダドイツが提供する「カーシェアリング」サービス。
とても面白い取り組みだなと思い、ここに記しておきます。
1901_cx5_carsharing_lidl_5_prev
画像:マツダ
情報元:Mazda Carsharing, Partner im Flinkster Netzwerk der Deutschen Bahn, erweitert Angebot: Fahrzeuge an 113 weiteren Lidl-Filialen in 12 Bundesländern(外部リンク)

情報元は、マツダドイツの公式プレスリリースです。
マツダドイツでは、自車を利用した「カーシェアリング」を行っているそうです。その事業が順調に成長していると報じています。
そして、このカーシェアリングで利用されているアプリが優秀だとか。
以前、「Connected Car Award」を受賞しました。
マツダが「Connected Car Award」を受賞 : K-BLOG
Bluetooth接続で自動車との通信を行い、キーレスエントリーを可能にしていたり、予約なども全てこのアプリがあればできてしまう優れものです。
 そして何より凄いのが、選択できる車種が6つもあります。
sh
画像引用:Mazda Carsharing(外部リンク
なんとロードスターまであるとは。
これは是非とも利用したいですねぇ。
料金はこちら。
pr
画像引用:Mazda Carsharing(外部リンク
車種と時間で算出されるようです。
燃料は無料と書かれていますね。
ロードスターを1日予約したら99ユーロ(約1万2千円?)でしょうか?
なかなかお得なサービスですねぇ。
ドイツでも、この豊富な車種と柔軟な価格体系が好評のようです。

今後、自家用車を持つよりもこういったサービスが主流になっていきそうな気がします。
そうなってくると、ますます「所有する歓び」というものが大事になりそうですね。