マツダの新世代商品第一弾「MAZDA3」
欧州でも発売に向けて、動きが活発になっています。
SKYACTIV-Xの詳細もすこしづつ判明してきています。
今回は、改めて欧州仕様を振り返りたいと思います。
P1J16186s
情報元:Mazda3 - Konfigurátor vozu(外部リンク)

今回も毎度おなじみマツダチェコの公式サイトです。
ここでは、簡易見積もりの他にもカタログなども閲覧することが出来ます。
そのカタログに、こんな一覧表がありました。
eng
エンジンラインナップ一覧表です。
SKYACTIV-G 2.0 M hybrid、SKYACTIV-D 1.8、SKYACTIV-Xが書かれています。
こんなにまとまっているのは、嬉しい限りですね。
SKYACTIV-Xの最大出力「133 /(181)/ -(kW / kr / rpm)」、最大トルクは「222 /-  (Nm / rpm)」、圧縮比は「16,3:0」
また、燃費やCO2排出量は記入されていませんが、なぜかセダンモデルの最高速度という項目には「216」という数字が記載されています。
SKYACTIV-Gでは「202」、SKYACTIV-Dでは「199」と記載されており、SKYACTIV-Xが一番数値が高いようです。

SKYACTIV-Xは、欧州では6~7月頃に発売される予定で、北米地域は2020年になるのではないかと噂されています。
欧州以外のスペックが気になるところ。
日本仕様はどうなるのでしょうか?

おまけ
簡易見積もりしてみました。
mitumo
ハッチバック
  • SKYACTIV-X
  • AWD
  • AT
  • フルメーカーオプション
総額:853 800 CZK
日本円で約411万円でした。
すごい。