マツダの人気スポーツカー「MX-5(ロードスター)」が30周年を迎えました。
それに伴い、マツダはシカゴオートショー2019で、MX-5の30周年記念モデルを発表しました。
そんな記念モデルが、米国であっという間に予約数量に達してしまいました。
mx5123
情報元:Mazda North American Operations Reaches Pre-Order Capacity of 2019 Mazda MX-5 Miata 30th Anniversary | Inside Mazda(外部リンク)

情報元は、北米マツダの公式プレスリリースです。
プレスリリースによると、以下のようなことになったそうです。

発表直後に予約サイトを公開後、15分で100台到達

1時間以内に250台到達

4時間以内に米国で割り当てられた500台の予約が完了。

凄まじいペースで完売しましたねぇ。
今後、購入希望者は予約キャンセルなどを待つ「ウェイティングリスト」に登録が必要となりますが、このリストも続々と登録者が増えているそうです。
米国における注文内訳は、以下の通り。
  • ソフトトップ:60%
  • RF:40%
ソフトトップの人気は高いですね。
私もソフトトップが好きなので、嬉しい限りです。
RFも好きなんですが、ソフトトップの解放感は一度味わうと忘れられません。
日本では5月頃から予約開始?という噂がありますが、どうなんでしょうか?
正式発表が楽しみです。