マツダの新世代商品第一弾「MAZDA3」
主要各国のほとんどでお披露目されて、本格的に始動しました。
今回は「SKYACTIV-X搭載グレード」に関してです。
awd_hero.ts.1901081726000000
情報元:Here's How Much Power the 2019 Mazda 3 Will Make With the 'Holy Grail' Skyactiv-X Engine(外部リンク)

最近よく見かける「JAROPNIK」さんです。
こちらではマツダスロバキアの価格表のリンクが掲載されています。
スロバキアのグレードは以下の通りです。
s1
s2
ハッチバックとセダンの両方が掲載されています。
ハッチバックのみAWDを搭載できるようですね。
スペインでの「SKYACTIV-X搭載グレード」は、以前から公開されていました。
SKYACTIV-X搭載 Mazda3の価格がスペインで公開されているようです。 : K-BLOG
チェコに関しても、情報自体は以前からありました。
チェコでの新型「MAZDA3」の価格について(SKYACTIV-X含む) : K-BLOG
これらを見てみると、欧州でのグレード構成はほとんど同じなのかもしれません。
ただ、北米ではSKYACTIV-X搭載するのはGT以上の上位グレードに限定されると「JAROPNIK」は語っています。
欧州では環境規制のために全グレードに導入、北米では新技術として上位グレードのみでプレミアムな販売ということなのかもしれませんね。
日本での導入もどうなるのでしょうか?
北米と同じような戦略になりそうな気がします。