マツダの新世代商品第二弾「新型SUV」
気になりだすと、色々と遊んでみたくなるのが性分です。
今回も様々な視点で、現行車種と比較してみましょう。
P1J16419l
前回→マツダの新世代商品第2弾「新型SUV」をよくみてみる(PART1) : K-BLOG


その前に、新型SUVの情報をまとめてみます。
  • ジュネーブモーターショーで世界初公開
  • SKYACTIV-Xを搭載予定
  • コンパクトSUV
  • CX-3とCX-5の間?
下の2つについての情報は、こちらをご覧ください。
マツダの新世代第2弾新型SUVは「コンパクトSUV」 : K-BLOG
一番下の「CX-3とCX-5の間?」については、マツダオーストリアのプレスリリースに書かれています。ただ、翻訳が不安なのであっているかちょっと心配。

さて、本題の画像を見ていきましょう。
まずは「新型SUV」の輪郭を強調してみましょう。
suv
大分くびれのあるデザインをしていますねぇ。
リアコンビランプ上からリアウインドウにかけて、キュッと締まっています。
現行CX-5と比較してみましょう。
hikaku1
現行CX-5はどちらかというと丸型で、新型SUVはダルマ型とでもいいましょうか。
重ねてみましょう。
hikaku2
※寸法は考慮していません。
こうしてみると、リアウインドウあたりがクビレているのがよくわかります。
ついでにCX-4と比較してみます。
cx444LI
CX-4の写真は、以前マツダ本社で私が撮影したものです。
こうしてみると輪郭部分が似ているような?気がします。
リア下部のバンパー部もなんとなく?
いやいや、まさか。

せっかくなので、CX-3とも比較したのを載せておきます。
hikaku
CX-3もどことなくくびれがあります。
ですので、CX-3やCX-4の輪郭に似ていいる気がします。
この画像だと立体感がないので、リアの詳細形状を知る由が無いのが残念。
結構立体感がありそうな感じがするんですが…。
それにしてもリアコンビランプの形状が気になります。
個人的には、リアランプの横線部がかなり立体な気がします。
フェンダー部が手前に飛び出ているような?
MAZDA3ベースらしいんですが、一体名称はどうなるんでしょうねぇ。
これはいったいどうなっているんですかねぇ?

次回→マツダの新世代商品第二弾「新型SUV」をよくみてみる(PART3) : K-BLOG