マツダの新世代商品第一弾「MAZDA3」
メキシコではすでにセダンモデルが発売されています。
そしてついに、ハッチバックモデルも到着したようです。
4a08ac4be3f44187b0ba7feaa23ab350
まずはこちらの動画をご覧ください。

動画の車両は「2019 MAZDA3 i Grand Touring」です。
北米仕様のハッチバックは地味に珍しいというか初?でしょうか。
メキシコでは、ハッチバックは2グレードのみで、こちらは上位グレードになります。
ジェットブラックのハッチバックは珍しいですねぇ。
m32
m322
それにしてもカッコいい。
ハッチバックモデルにはラゲッジルームを自動で閉める用のスイッチがあります。
m3222
説明書を見る限り、開閉の両方ができるパワーゲートは用意されていません。
オプションなどでつくのでしょうか?
内装は、ハッチバックの白とは違い黒色です。
nsPNG
海外ではハッチバック特別内装色「バーガンディ」は、SKYACTIV-X搭載車に追加されるようですね。
日本でもそうなるのでしょうか?
グローブボックスの内部も撮影してくれています。
m23222
取扱説明書を入れたら満杯になりそうです。
そしてバニティミラーとチケットなどを挟む部分です。
vvv
従来の帯ではなくなりました。
これの利便性はどうなのでしょうか?
試してみたいですねぇ。
液晶メーターやマツダコネクトの表示も、ハッチバックモデルになっています。
meter
mzd
こういった細かい部分を拘ってくれると嬉しいですね。
そして、バックカメラの画質もなんとなく改善されているような?
ccc
色んな所でみかけますが、どれを見ても結構綺麗な画質なような気がします。
最後にBOSEのスピーカー(リア)を映してくれています。
bose
12スピーカーって凄いですよね。
実際にオートサロンでききましたが、本当に素晴らしかった。
走るオーディオルームは伊達じゃないですね。

以上、ざっくり動画を見てみました。
メキシコは先行投入をどんどんと行われており、羨ましいですね。
日本仕様が楽しみです。