突然始めた懐かしいRPG「FF9」
前回からかなり時間が空いてしまいましたが、書いていこうと思います。
今回はウイユヴェールでグルグストーンを入手したので、クジャのアジトから脱出です。
ogimage
前回→FF9旅行記その8(トレノ~ウイユヴェール) : K-BLOG

場面変わってデザートエンプレスです。
操作キャラは、カエル姿のシド大公。
初見プレイ時には、まさかカエルを操作するとは思いませんでしたよ。
ここでミニゲームがあります。
敵キャラと「だるまさんが転んだ」をしなければなりません。
このミニゲーム、個人的に凄く苦手。
近づくと結構な頻度で振り向いてくるので必ず一度は失敗します…。
今回もかなり苦戦しながらクリア。
あとは天秤に重りを乗せて牢屋の鍵を手に入れます。
そして、人質に取られた仲間を救助。
操作キャラはエーコへ。
さて、ここを脱出します。
FINAL FANTASY IX_20181204191508
FINAL FANTASY IX_20181204191714
砂漠の中にこんな施設があるとは…。
お洒落なのがまた、クジャらしいですね。
ここでも色々とギミックがあるんですが、基本的にはろうそくの火を灯していくだけなので簡単です。
出口付近まで行くと、ボスと戦闘。
FINAL FANTASY IX_20181204193528
随分と平べったいボスです。
ここで今までにギミックを解除したかによって、ボスの能力に変化があります。
全部解除したのでかなり弱い。
サクッと倒して、ジタン達と合流です。
なんやかんやあってクジャにグルグストーンとエーコを奪われてしまいました。
ゾーンとソーンは変な所で活躍します。
クジャ達を追ってブルーナルシスで追いかけます。
FINAL FANTASY IX_20181204195141
ワールドマップでの追いかけっこは斬新です。
FINAL FANTASY IX_20181204195159
追いかけていくとストーリー上では初となる大陸「閉ざされた大陸」へ。
(すでにチョコボ関係で足を踏み入れていました。)
それにしてもヒルダカンデ2号機は不思議な形しています。
さて、この大陸に「エスト・ガザ」という場所があり、そこにクジャ達は向かった模様。このエスト・ガザは神殿都市であり、「輝く島」を信仰しています。
建物内はろうそくが大量に設置されており、かなりのお洒落。
FF9の中でも好きな場所のひとつです。
ここの司祭曰く、クジャご一行は奥にあるグルグ火山へ向かったようで、追いかけます。
グルグ火山に入ると陽気なBGM。
FINAL FANTASY IX_20181204200449
ここら辺は過去のFFをイメージしてると聞いたことがあります。
FFを始めたのが7からなので、全く分かりません。
でもここの音楽は結構好き。
進んでいくと、たまに竜が飛び出してきます。
FINAL FANTASY IX_20181204200839
ここら辺から敵が「ツイスター」を多用してくる気がしますね。
対策もしっかりしていたのでサクッと倒します。
最深部にいくと、ゾーンとソーンがエーコに対して召喚獣抽出の儀を執り行っています。まがいなりにも彼らは宮廷魔術師ですので、こういったことは本当に優秀。
しかし、どうやら上手くいっていないようです。
魂が二つあるとか。
エーコの服の中に隠れていたモグのせいのようです。
服から飛び出したモグがエーコを守ろうとします。
そして、ゾーンとソーンと先頭になります。
2対1と不利な状況ですが、モグはエーコに語り掛けます。
そう、彼はただのモーグリではなかったのです。
彼はエーコを守るためトランスし、力を開放します。
そして、真の姿「マディーン」へ。
FINAL FANTASY IX_20181204203144
圧倒的な力でゾーンとソーンを倒します。
それにしても、あのかわいらしい姿が…。
戦闘が終了すると、エーコへお別れの言葉を残し姿を消してしまいます。
モグ、ありがとう。
彼は召喚獣だったんですね。
そして、この出来事を見ていたクジャが何かを閃きます。
トランスに隠された秘密とは…?
さらにクジャはゾーンとソーンを融合して、新たなモンスターを生み出します。
なんてことするんですかね、この人は。
FINAL FANTASY IX_20181204203409
双子の融合した姿、その名も「メルティジュミニ」
なんとも禍々しい姿をしています。
バイオや猛毒、ウイルスなどいやらしい攻撃をしてきます。
ただ対策をしっかりしておけば意外と楽勝です。
初見で知らないで戦った時は毒に苦労した思い出。
知ってるって強い。
メルティジュミニを倒すと、クジャの姿はありません。
しかし、奥にある部屋に行くとヒルダカンデさんがいらっしいました。
こんな火山にこんな部屋があるとは…。
そしてここで暮らしていたとは…。
色々ありましたが、なんとかエーコとヒルダカンデさんを救出しました。

場面が変わり、リンドブルム。
FINAL FANTASY IX_20181204204523
ヒルダカンデの魔法を解除してもらい、人の姿に戻るシド大公。
おひげが立派なダンディズムですね。
さっそく飛空艇「ヒルダカンデ3号」の製作に取り掛かるようです。

さらに場面がかわり、アレクサンドリア。
ここでFF9の有名なシーンがあります。
そう、ガーネット姫の散髪です。
FINAL FANTASY IX_20181204205550
このシーンの飛んでいく髪の表現が美しい。
新女王として決意を新たにしたガーネット姫は、ついに喋れるようになりました。
アレクサンドリアの惨状は悲しいですが、前へ進もうしていく姿はカッコいいですね。
メニュー画面の画像も雰囲気が一変。
FINAL FANTASY IX_20181204205730
笑顔が眩しいですね。
そしてショートカットが似合っています。
ここで、ベアトリクスから宝石「ガーネット」を手に入れます。
この宝石「ガーネット」では、召喚獣「バハムート」を覚えることが出来ます。
彼女から全てを奪った召喚獣ですが、これを自ら受け入れることができたということが彼女の強さですねぇ。心の強さが生きていくにはとっても大事です。

またまた場面が変わり、ついに飛空艇「ヒルダカンデ3号」が完成。
これで自由にワールドマップを飛び回ることが出来ます。
とりあえず、クジャを追うための手がかりを探すため「イプセンの古城」へ向かうことになります。しかし、せっかく飛空艇が手に入ったので寄り道を。
ビビのおじいちゃん「クワン」に出会ったり...。
FINAL FANTASY IX_20181206193049
ひたすらチョコボでお宝さがしをしたり…。
FINAL FANTASY IX_20181206190707
FINAL FANTASY IX_20181205202429
FINAL FANTASY IX_20181205195251
チョコボの桃源郷を見つけたり...。
FINAL FANTASY IX_20181205202549
様々なサブイベントをこなしました。
FF9は、こうしたサブイベントが豊富で楽しいです。
特に好きなのが「隠者の書庫 ダゲレオ」です。
FINAL FANTASY IX_20181205191300
ストーリー上、特に寄る必要はないんですが、この町の雰囲気は最高です。
流れるBGMも良いです。
いつまでもいたくなります。
ここには、クレイラの神官だった人もいます。
FINAL FANTASY IX_20181205191440
随分と凄い所まで来たんですねぇ。
それにしてもここの人たちは、どうやってこの街に来たのでしょう?
主人公たちは飛空艇を手に入れてやっとこれたというのに…。
FF9の七不思議のひとつです。

さて、次回は「イプセンの古城」へ行ってみたいと思います。