マツダの新世代商品第一弾「MAZDA3」が発表されて以来、様々な情報が舞い降りてまいりました。ここで新たな情報を見逃さないために、簡単な表をつくって整理しておきます。
sc

※注意
表に書かれた情報は、個人で集めたものです。
情報が間違っている可能性があります。
正確な情報を知りたい方は、ご自身でお調べください。
また、今後予告なく内容が変更される場合があります。

さて、本題です。
直近では、新型MAZDA3のオーストラリア仕様についての詳細がわかりそうです。
オーストラリアでは、新型MAZDA3の詳細は2月19日(現地時間)に発表予定。 : K-BLOG
日本と同じ右ハンドル仕様なので注目したいですね。これは噂ですが、日本でも2月後半に何かしらあるようですねぇ。
それと表には書き忘れましたが、2月には色々なイベントがあります。
  • 2月6日(日本時間)にマツダ 2019年3月期第3四半期決算発表
  • 2月7日(現地時間)にシカゴオートショーで「30周年記念ロードスター」が発表
それぞれ見逃せないイベントですね。
特に30周年記念ロードスターはどのようになるか楽しみです。
そして、3月にはジュネーブオートショーにて謎の「新モデル」が発表されます。
マツダドイツ、ジュネーブモーターショーで”何か”を発表すると予告 : K-BLOG
この新モデルが何かはわかりません。
気になります。
そして、3月にはヨーロッパで先行投入されるSKYACTIV-Xの何かしらの説明があるようです。北米ではXの発売はかなり後になるようなので、日本でもどうなることやら。
北米ではCX-5ディーゼルがついに動き出すようです。
4月にあるニューヨークオートショーで発表があるようですので、楽しみ。
7月にはヨーロッパでSKYACTIV-Xが発売。
これでXの実力がわかりそうです。

2019年後半には様々な国で、MAZDA3が発売されるようです。
そして、2020年には北米でロータリーレンジエクステンダーEV車が導入される予定。このEV車がとても気になります。はたしてどのようなモデルになるのか。
そういえば、BT-50も2020年モデルからフルモデルチェンジするんでしたっけ?
いすゞのOEMという話ですが、これも楽しみ。

2019年は、2018年よりもさらに楽しみな年になりそうです。
個人的に一番楽しみなのが、MAZDA3の日本導入とSKYACTIV-Xの実力。
はやく試乗してみたいですねぇ。