トヨタ自動車が北米向けに発売している「Yaris hatchback」を、2020年モデルからマツダの「MAZDA2(日本名:デミオ)」をベースにして発売するようです。
情報元:2020 Toyota Yaris Hatchback – Rebadged Mazda 2 to Join Sedan(外部リンク)

情報元は、CAR and DRIVERです。
トヨタ自動車の広報担当 Nancy Hubbell氏が発言しているそうです。
It seems that Toyota and Mazda's partnership on subcompacts is expanding to include the hatchback version of the Yaris. The old Toyota-built Yaris hatchback is going away for the 2019 model year and a new hatchback model is coming for 2020, according to Toyota spokesperson Nancy Hubbell. We assume this means that the new Yaris hatchback (illustrated above) will be a rebadged Mazda 2, like the current Yaris sedan that Mazda builds for Toyota in Mexico.
情報元:2020 Toyota Yaris Hatchback – Rebadged Mazda 2 to Join Sedan(外部リンク)
[機械訳]
トヨタとマツダのサブコンパクトの提携は、ハッチバック版のYarisを含むように拡大しているようだ。トヨタ自動車の広報担当Nancy Hubbell氏によると、トヨタ自動車が製造した古いYarisハッチバックモデルは2019年モデル用に廃止され、新しいハッチバックモデルモデルは2020年に発売されるという。これは、マツダがメキシコでトヨタ用に製造している現在のヤリスセダンのように、新しいヤリスハッチバックがマツダ2の再設計となることを意味している。

どうやらセダンモデルに続き、ハッチバックモデルでもMAZDA2を採用するようです。
セダンタイプについてはこちら
マツダ車の仲間「トヨタ Yaris iA」 : K-BLOG
(現在では「iA」はとれて、「Yaris」という名称です)
このマツダ製Yarisの新型モデルに関しては、4月に行われるニューヨーク自動車ショーで詳細が明らかになるようです。

これで、マツダとトヨタの関係はかなり深いものとなりました。
今後もどのように連携していくのか楽しみですねぇ。