マツダの新世代商品第一弾「MAZDA3」が、スペインのマドリッドでデビューしました。
今回のお披露目は、とても芸術性に富んでいたのでご紹介します。
また機能的な話ではなく、単純にデザインに対する感想です。
2018-01-19---sabado---102_prev
情報元:El Mazda3 debuta en Madrid(外部リンク)

マツダスペインのプレスリリースで報じています。
かなり大々的なお披露目会のようで、専用の動画も公開されています。

プラハで行われたお披露目会でもあった謎ダンス。
それと、突然現れた謎の陶芸家。
なかなか芸術的です。
なんでもこのイベント、300人限定だったみたいです。
さらに、ライトアップらされたMAZDA3が非常に美しいですね。
また以前からちょっときになったんですが、ハッチバックのホイール。
lunes---034_prev
このデザインは欧州用なのでしょうか?
北米仕様では黒色だったでした。
それともグレード?
また、このお披露目会ではマツダヨーロッパのデザインディレクターであるJo Stemuit氏も登壇していたそうです。ここでも「CAR as ART」の精神が語られていました。

また、「DIARIOMOTOER」では、美しい写真が掲載されていました。
mazda-3-2019-interior-16
画像引用:Los 3 ases en la manga del Mazda 3: etiqueta ECO - Diariomotor(外部リンク)
mazda-3-2019-rojo-detalles-04
画像引用:Los 3 ases en la manga del Mazda 3: etiqueta ECO - Diariomotor(外部リンク)
mazda-3-2019-rojo-detalles-01
画像引用:Los 3 ases en la manga del Mazda 3: etiqueta ECO - Diariomotor(外部リンク)
mazda-3-2019-rojo-detalles-02
画像引用:Los 3 ases en la manga del Mazda 3: etiqueta ECO - Diariomotor(外部リンク)
フロントグリルとリアの造形。
これが本当にグラマラス。
とても官能的ですよねぇ。
これらの写真のおかげでやっと少し表現されています。
実物を見て頂くとわかるんですけど、本当に凄いんです。
この曲線が堪りません。
これは正に芸術品です。
これがマツダの入門車とは…。
今後のマツダの新世代商品群が楽しみです。