東京オートサロン2019で開催された「マツダ スペシャルトークセッション」に参加させていただき、開発主査やデザインチーフ、はたまたマツダの社員さんの貴重なお話を聴かせていただき、新型Mazda3を十二分に体験することが出来ました。
今回は、後編で載せ忘れた写真たちをご紹介します。
DSC07564
スペシャルトークセッションの詳細はこちら
「MAZDA TOKYO AUTO SALON 2019 スペシャルトークセッション」に参加してきました。【前編】 : K-BLOG

オートサロンでは沢山の写真を撮りましたが、あまりに多く現像しきれていないものが沢山あったので、前回載せることが出来ませんでした。
今回はその中から使えそうな写真を供養のためにも載せておきます。
まずは、Mazda3 hatchback(ソウルレッドクリスタル)の部分撮りです。
DSC07435
DSC07449
DSC07443
DSC07452
給油口の蓋置き場の位置がわかる写真があってホッとしました。
これが地味にセダンと違うのが驚き。
また、後部座席ドアの部分は、とても言葉では言い表せない曲線を描いています。リアランプもシンプルに見えて光り方が単一でないのが綺麗。
続いて、Mazda3 sedan(マシーングレーメタリック)です。
DSC07493
DSC07537x
DSC07513
DSC07512
DSC07497
DSC07457
セダンのエレガントさはいつまでもみていたくなります。
開発主査の別府氏が言うように、クルマをみながら飲み物を…ということをしたくなりますね。マツダもそういった気軽に入れるカフェをやってくれると嬉しいですね(ディーラーはなかなか入りづらいですから…)
また、セダンのサイドからリアにかけてのプロポーションもセクシーです。
サイドに関してはもはや芸術作品ですね。
これを製品化したのには驚きです。
メーターもすべてデジタルではないのが素晴らしい。
やっぱり針の動きというのも見ていて楽しいですし、視認性も良好。
こういった拘りをみせるのがマツダらしいですね。
続いて、Mazda3 custom style(ポリメタルグレー)です。
DSC07564
DSC07540
DSC07499
DSC07541
DSC07539
DSC07502
DSC07481
ポリメタルグレーという色の不思議な発色に驚き、さらに内装色「バーガンディ」にも派手さの中にも上品さを感じ、驚かされました。これらの新色はとてもいい色でした。
これらは実物を見てみないと恐らくわからないと思います。
写真では全く伝わらないのがくやしいですねぇ。
リアランプの拡大図は、菱形部分は筒状に飛び出ていました。
内部の造り込みも凝っています。
リアカメラはナンバープレートの上にあり、現行型よりも下に移動。膨らんでいるリアバンパー辺りが確認できなくなりましたが、映りはどうなのでしょうか?
きになりますね。
そして、センターディスプレイの後ろにスピーカーがありました。
続いて、ロードスターです。
DSC07557
DSC07558
DSC07559
ロードスターの屋根がテッカテカですね。
帆を折りたたんだ状態であの屋根を載せているらしいです。
続いて、CX-5から8の写真です。
DSC07555
DSC07554
デジタルメーター搭載車両でした。
新世代技術を取り入れた現行車種というマツダらしい改良の早さです。
新世代のラージ群を早く見てみたいですねぇ。
最後にグッズショップの写真です。
DSC07550
DSC07547
DSC07552
展示されていた車両にデミオが無かったのが残念。
それと2018年改良アテンザのモデルカーはいつ発売なのかも気になりますね。
なんとなく個人的予想ですが、Mazda3で忙しかったので後回しになったのではないかと思ったり。実際はどうなのかわかりませんが…。

以上です。
まだ写真自体は沢山あるので、気が向いたら記事にしようと思います。
Mazda3の国内発表されるのを楽しみにしています。