2019年1月10日をもちまして、ブログ開始から1,000日が経ちました。
こんなに長く続けられるとは思ってもいませんでした。
今回はせっかくなので、ブログを始めてから今日までに学んだことを書き記しておこうと思います。
まずは、少しだけ振り返ってみたいと思います。
K-BLOG(以下、当ブログ)を開始したのは「2016年4月15日」でした。
自分の記憶では、スターバックスでコーヒー飲みながら登録した気がします。目的は、その当時に旅行へ頻繁に行っており、せっかくなので「旅の記録」を残しておこうというものでした。なので、ブログの更新も月に数回というものでした。
転機が訪れたのが、「マツダコネクトの歴史を振り返る」という記事を書いたことです。
その当時BM前期型アクセラを所有しており、マツダコネクトの情報を頻繁に探していました。色々と得た情報を忘れないために一つにまとめようと思い書いた記事のおかげでブログのアクセス数が上昇していきました。それから「一人旅」と「マツダコネクト」カテゴリを思いつくままに書いていった記憶があります。時にはやりすぎて失敗することもありましたが、良い勉強になりました。
今ではマツダ関連の事ばかり書いていますが、自分の興味がそれだけマツダに向いているのでしょう。無理して他のジャンルに手を出さず、思いつくままにやった方が良いのかもしれません。
ただ、今後はどうなるのか全くわかりません。
正直このままではいけないような気もします。
マツダの事ばかりでなく、もっと何かあれば…。
全ては思いつくままに。

さて、ここからはブログ運営して学んだことを書いていきます。

ブログの利点

ブログをやっていてよかったと思える点は「記憶の整理」ができることです。
一度文章にした内容というのは頭の中に残りやすいですね。
それだけでもやっていて良かったと思います。
ブログを利用する理由は、人それぞれあると思います。
自分の意見を主張したい、自分のやってきたことを見せたいなど様々です。
私の場合、ブログを「他人と共有できる記録帳」という認識でいます。
せっかく調べたので記録しておきたいけど、もしかしたら他の人も知りたいことかもしれないからブログに書いておこうと思っています。一番は自分の為であり、他の人というのはおまけみたいなものですが…。それが上手くハマったのかわかりませんが、今日まで続けてくることが出来ました。
TwitterやInstagramでも同じことができるかもしれません。
ただ、TwitterやInstagramなどは”流れ”が存在し、一瞬で流れていってしまい、尚且つ想いを文字で正しく伝えることができないので、私にとってブログが最適解でした。
文章って大事だなぁと学びました。
短文では自分の意図したことは伝わらないんですよね…。
相変わらず、文章は下手ですが。
それと「誰かのために見てもらうブログ」として初めていたら、ここまで続けていくことは難しかったかもしれません。とはいっても、ある程度の訪問者がいないとモチベーションなどがあがらないので、そこらへんはバランスが大事だと思います。

当ブログのデータと訪問者の傾向

1,000日を迎えてのデータ(2019/01/10現在)
総訪問者数:約113万人
記事数:724(この記事を含む)

当ブログの閲覧者で最も多いのは「Google検索」からだそうです。
検索ワードは「マツダ」「マツダコネクト」などが多いようです。
SNS効果が個人的に気になり、実験的にSNS上で記事のリンクを掲載してみました。
これ意外と効果が薄いようです。
TwitterなどのSNSで宣伝することで訪問者が増えるという印象でしたが、そうでもないようです。当ブログだけがそうなのかもしれませんが…。
アクセス数に関していえば、他ブログさんで紹介された時にアクセス数が急増しました。
あれには驚きました…。
ドラヨス様、ありがとうございました。
ドラヨス様のブログをご紹介しておきますので、ぜひ。
ワンダー速報(外部リンク)

まとめ

ブログの正しい運営方法というのは全く分かりませんので、私自身これで正解なのかどうかはわかりません。ただ、こうして実際に経験すると最近のブロガー事情というのを少し体験できました。
始めたときから今の今まで記事を書くのが「めんどくさい」気持ちは変わりませんが、慣れというのは怖いものです。どこにいても記事を書けるようになりました。
また、自分の興味あるものを調べるというのは面白いものです。
役に立つのかどうかはわかりませんが、とりあえずやってみると何か違う道が見えてくるのかもしれません。
ブログを始めてみたいと思っている方はぜひ。